« ノキアが日本の携帯から撤退 | トップページ | 三谷幸喜の「ザ・マジックアワー」を見た »

2008.12.18

「AD-MP15AW」は超小型プロジェクタで60インチの大きさで投影

 超小型プロジェクタが流行の予感。今回は、アドテックから、「AD-MP15AW」が12月に発売された。先日、売り出された住友3Mなどの機種より安い。3万9800円。

 27×58×90で解像度が640×480。距離2.4mで60インチの大きさまで写せるという。重さが147g。輝度は15ルーメンでコントラスト比が200対1。バッテリーで40分もつという。入力にコンポジットとD-SUB15ピン。スピーカーも内蔵されている。

 何だかLEDを光源として搭載した超小型プロジェクタがはやり始めたようだ。この重さだったら、いつでも持ち歩いて写すことができる。営業の人たちにはちょっと便利な道具になるのかもしれない。

|

« ノキアが日本の携帯から撤退 | トップページ | 三谷幸喜の「ザ・マジックアワー」を見た »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/43460835

この記事へのトラックバック一覧です: 「AD-MP15AW」は超小型プロジェクタで60インチの大きさで投影:

« ノキアが日本の携帯から撤退 | トップページ | 三谷幸喜の「ザ・マジックアワー」を見た »