« ICレコーダーの新型「ICR-PS603RM」が、三洋から新発売 | トップページ | 民放が赤字って・・・! »

2008.11.15

うつつ・現

 昨日は演劇を見てきた。「うつつ・現」という芝居だ。座頭市が生まれたその訳を芝居で再現しているような内容だった。山北龍二の総合プロデュースで構成されている。だから・・・殺陣が見所。

 出演者の中では、星野卓誠君の演技が一途な感じを出していて良かった。何より、台詞が聞きやすい。私は、芝居を見ていてそれが基本の一つだと思うのだが。いくら体で表現しても、言葉が聞こえなければ、伝わるものも伝わってこない。星野君は言葉がくっきり聞こえた。

 ところで、恵比寿のエコー劇場は、小さい劇場だけれど、階段上に座席がなっていて、とても見やすかった。音響、照明もきちんとしていて、劇場としていいところだなと思った。今度は一青窈の出演する芝居を見に行く予定。これも楽しみ。

|

« ICレコーダーの新型「ICR-PS603RM」が、三洋から新発売 | トップページ | 民放が赤字って・・・! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/43118096

この記事へのトラックバック一覧です: うつつ・現:

« ICレコーダーの新型「ICR-PS603RM」が、三洋から新発売 | トップページ | 民放が赤字って・・・! »