« ポメラ、品切れ中 | トップページ | うつつ・現 »

2008.11.13

ICレコーダーの新型「ICR-PS603RM」が、三洋から新発売

 ICレコーダーで野鳥の声を録ろうと思ってICレコーダーを検討しているが、そこへ新たなICレコーダーの発売がアナウンスされた。それが三洋電機から出る4つの機種。非常に小さく、軽いタイプのもの。さて、これは使えるのだろうか。

 その中でも、最上位機種の「ICR-PS603RM」は魅力的だ。「4マイクシステム」で集音能力を高めているとのこと。また4ギガの内蔵メモリーとmicroSD/microSDHCカードスロットを持っている。これだけあれば、通常の使用で足りなくなることはない。さらに、新開発のノイズキャンセラ用LSIを搭載しているとのこと。以前からあった三洋の雑音に関する問題を解決するクリアな再生が可能になったようだ。値段はヨドバシで32800円

「60段階の細かい録音感度調整が可能なマニュアルレベル調整」という機能はマニアには嬉しい。じっくり調整して録音する音楽などでは有効だ。

基本的な機能である「過大入力を自動で調整するピークリミッター機能」は音割れを防ぐためには必要なのだが、実際に使ってみると音揺れの原因などになることもあるようだ。これは使ってみないとわからない。

録音入力レベルを周波数帯域ごとに調整できる録音イコライザー「5Bandグラフィックイコライザー」は面白い機能。人の声を小さくしたり、必要な音を強調したりすることもできる。どの程度の効果があるかは、これも使ってみないとわからないが。

録音時に低周波数成分を自動で低減するローカットフィルター「プログラマブルADCハイパスフィルター」は

その他の基本性能は以下の通りだ。
*録音フォーマット:リニアPCM(WAV)、MP3
 ・16bit/44.1kHz(1,411kbps、外部マイク録音時は最高21,000Hz)と、16bit/48kHz(1,536kbps、外部マイク録音時は23,000Hz)の2つのモードを搭載

*MP3では44.1kHz/320kbps、外部マイク録音時20,000Hzまでの録音が可能

*再生フォーマット:リニアPCM(WAV)、MP3、WMA(PDDRM対応)

*本体サイズ(幅×高さ×奥行き):約35.4×120×13.9mm

*本体質量:約58g(エネループ充電池含む)


|

« ポメラ、品切れ中 | トップページ | うつつ・現 »

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/43097736

この記事へのトラックバック一覧です: ICレコーダーの新型「ICR-PS603RM」が、三洋から新発売:

« ポメラ、品切れ中 | トップページ | うつつ・現 »