« 品川からウオーターフロント、天王洲アイルの銀河劇場まで歩いてみた | トップページ | NECからウルトラモバイルパソコン「LaVie Light BL100/RA」が発売! »

2008.10.14

「Eee PC 701SD-X」にウイルスが混入した経緯は?

 Eee-Boxにウイルスが混入していたため、一時、販売中止していたが、今度は「Eee PC 701SD-X」の30ギガの外付けハードディスクにもウイルスが混入していたことがわかったとのこと。ウイルスは「TROJ_GAMETHIE.RZ」で、オンラインゲームのパスワードデータを盗み出すもののようだ。

 トロイの木馬が、なぜ混入したのだろうか。一応、Asusの発表だと「外付けHDDの製造工程にて何らかの原因で混入した」ということだ。1000台調査したうちの20台に入っていたとのこと。何だか、中途半端な入り方だ。

 Eee Boxでは、日本向けシステムデータを作成する段階で、ハードウェアをチェックするためのテストデータにウイルスが混入していたそうだ。ウイルスのチェックはしていたが、定義ファイルが最新のウイルスに対応していなかったようで、検出できなかったとのこと。

 今回もそのような経過なのだろうか。だとしたら、二度、同じ過ちを犯したことになる。他の原因だとしても、まだ製造メーカーとしては製造過程が洗練されていないということだ。

 噂によれば、このパソコンは中国で制作しているようだ。現場の担当者がインストール用の機器にUSBメモリーを指したために感染したとのこと。でも、そうだとしたら、なぜ、1000台中20台なのか。本当は、機器を選択して、意識的に、密かに潜ませたのではないのか。

 今後、厳とした規律の中で、製造する過程を改めて詰めていけないようだったら、Asusのメーカーとしての未来はない。安くても質の良い製品を提供して信頼を取り戻して欲しいものだ。

|

« 品川からウオーターフロント、天王洲アイルの銀河劇場まで歩いてみた | トップページ | NECからウルトラモバイルパソコン「LaVie Light BL100/RA」が発売! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/42789530

この記事へのトラックバック一覧です: 「Eee PC 701SD-X」にウイルスが混入した経緯は?:

« 品川からウオーターフロント、天王洲アイルの銀河劇場まで歩いてみた | トップページ | NECからウルトラモバイルパソコン「LaVie Light BL100/RA」が発売! »