« Acer AspireOne AOA150の発売は8月23日 | トップページ | サザンオールスターズがミュージックステーションを独占 »

2008.08.08

ハリー・ポッターの最終巻を読み終わった

 ハリー・ポッターの最終巻、「ハリー・ポッターと死の秘宝」を読み終わった。泊まりの仕事が多くて、購入してからさわることもできなかったのだが、ようやく時間ができて一気に読んだ。

 最初の「賢者の石」を読んだのはもう昔のこと。英語版では1997年、日本版は1999年12月の発売以来、2008年7月まで約9年間にわたって続いてきたこの物語。その間に映画化もされ、シリーズものとしては史上最高の売り上げを誇っている。まだ、これからも映画は続くので、その記録は塗り替えられていく。ここまでの人気を博した理由は何なのだろうか。

 一つは謎解きの面白さだと思う。なぜハリー・ポッターは生き残ったのかとか、ダンブルドアはハリーをどのように育てていくのか、スネイプは味方なのか、敵なのか、そしてまた、ヴァルデモートとの戦いの結末はどうなるのかなど、うまく興味を引っ張っていく。

 魔法や小道具も楽しい。いったい、どのような魔法があるのか、そしてハリーはどのような魔法が使えるのか、それぞれの物語に出てくる小物はいったいどのような意味を持つのか、魔法使いとマグルとの関係はどうなっていくのかなど、読み手を引っ張っていく。

 イギリスの伝統的な風景や建物、社会的な関係も彩りを添える。そして何よりも、ハリー・ポッターたちの成長の物語が私たちを引きつける。彼らの成長と多くの読み手の成長が重なって、共感を呼んだのだと思う。

 様々な伏線が後の流れと絡み合いながら、次第に解明されていくことも興味を引く。

 その中で、「愛、友情、勇気」という少年ジャンプのテーマのような理念も物語の骨格を形作る。

 最終巻で今までの全てが解き明かされる。ただ、あまりにも長い年月をかけて書かれた物語なので、忘れてしまったことも多い。一度また全部を通して読んでみると、きちんと流れをつかむことができるかもしれない。長い間、楽しませてくれた作者に感謝。でも、できたら通しで出して欲しかったな。
  

|

« Acer AspireOne AOA150の発売は8月23日 | トップページ | サザンオールスターズがミュージックステーションを独占 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/42101683

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターの最終巻を読み終わった:

« Acer AspireOne AOA150の発売は8月23日 | トップページ | サザンオールスターズがミュージックステーションを独占 »