« 東京農大での環境についての研修 | トップページ | カメラ用にGPS受信チップ、「Airwave 1」が開発された »

2008.08.22

今日発売のLumix4機種の中のDMC-LX3は注目

 今日、新発売のデジカメシリーズの中で、このDMC-LX3は一つの個性を主張している機種だ。

 広角24mmから光学2.5倍(24~60mm)までで抑え、望遠側に無理をしてもっていかなかった。ライカのレンズはF値がF2.0-2.8で、かなり明るい。1cmマクロもできる。これだと、ボケを生かす写真を撮ることができる。

 CCDサイズは1/1.63で結構大きい。画素数を1010万画素に抑え、受光面積の大きさを広くとっている。階調性が高い画質を作ることができる。

 また、マニュアルでの設定もジョイスティックを使って自由にでき、フルオートマチックとうたうだけはある。マニュアル時に、ワンショットAFといって、フォーカスボタンを一瞬押すとピントがだいたい合い、その後にマニュアルでフォーカスを合わせる機能などがある。

 普通のコンパクトデジカメは、結構マニュアル機能がついていないものが多い。これは、ほとんど一眼レフの機能を内蔵し自由度が高いコンパクトデジカメ。凝った画像が欲しければ、この機種を選ぶのも楽しいだろう。

 ただ、値段はかなり高い。ヨドバシで64800円って、もしかして下手な一眼レフデジカメより高くないですか。NIKONの D40はレンズキットで5万円を割っているのだから。もう少し安くなるまで待つことが必要な機種かな。

|

« 東京農大での環境についての研修 | トップページ | カメラ用にGPS受信チップ、「Airwave 1」が開発された »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/42238647

この記事へのトラックバック一覧です: 今日発売のLumix4機種の中のDMC-LX3は注目:

« 東京農大での環境についての研修 | トップページ | カメラ用にGPS受信チップ、「Airwave 1」が開発された »