« ハリー・ポッターと死の秘宝が、今日発売! | トップページ | 日光に行ってきた »

2008.07.23

ウルトラモバイル、今は買い時ではない

 ウルトラモバイルパソコンの発売が相次いでいる。EeePC901も新発売された。このマシンの評価も高い。もうすぐAcerからもAspireOneが8月に新発売。hpも、工人舎も、さらにMSIやマウスコンピュータも発売。そこに富士通も参入するとのニュースも。

 さて、ウルトラモバイルパソコン、初めてのマシンとしては、お勧めはできないという意見も多い。そう2台目としてというのが皆さんの意見。さらにブラウジングとメールが主な使用法と。

 でも、本当にそうなのかな。どうも初めての人がこれらのマシンを購入している例をよく聞く。小さくて軽い。しかも安い。それで購入したというのだ。これは、旧来のパソコンの価格崩壊の始まりなのではないだろうか。日本メーカーが簡単にはのれないわけだ。

 しかし、この価格でのパソコン開発は主流になりつつある。雑誌の特集も、店での販売場所でも、関心を引いているのはウルトラモバイルのコーナー。日本メーカーも参入するしかない。本当の競争はそこからだ。流れはアンダー10万円パソコン。6万程度だったら買い換えに迷いはなくなる。

 私はもう少し様子をみることにした。決定打がなかったのだ。現在出ているウルトラモバイルパソコンの問題点を整理してみた。

 HPの2133は教育用パソコンとして開発されたもの。だからキーピッチが広く、入力しやすい。普通に打てた。しかし、如何せん、CPUの能力が低すぎる。また発熱が購入意欲を削がせる。実際に計測してみると2,3度程度なのだが、感覚としてはかなり熱い。

 EeePCは性能としてはいいのだが、実際に操作してみるとマウスが堅く、タッチパットの操作性も良くない。またキーはかなり慣れないと打ちずらい。

 MSIのU100は性能はそこそこだが、どうも全体的に安っぽい。まあ、安いのだから仕方がないのだが。

 AcerのAspireOneは外装がかなり素敵な感じだが、性能はそこそこ。

 富士通は以前からLooxシリーズを出している。でも値段が高すぎる。10万を切って出してくるのは外国からで、日本では来年から。

 SONYは小さすぎるし高すぎる。格好はいいけれど。

 パナソニックは高すぎる。一時かなり売れたけれど、現在は店頭で立ち止まって見る人もいない。

 日本メーカーは時代を読んで欲しいな。

|

« ハリー・ポッターと死の秘宝が、今日発売! | トップページ | 日光に行ってきた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/41944671

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラモバイル、今は買い時ではない:

« ハリー・ポッターと死の秘宝が、今日発売! | トップページ | 日光に行ってきた »