« APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMとタムロン18-200でゴイサギの撮影 | トップページ | APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMでカワセミの撮影 »

2008.06.06

「Eee PC 901」「Eee PC 1000」「Eee PC 1000H」が6月に新発売

ASUSの新型ウルトラモバイルパソコンが3機種発表され、6月に順次発売される。「Eee PC 901」「Eee PC 1000」「Eee PC 1000H」の三機種。

 Eee PC 901は1024×600ドット(WSVGA)表示対応の8.9インチワイド液晶。CPUはAtom。無線LANは11nを搭載。Bluetoothもついている。OSはLinuxは20GバイトのSSD。Windows XP Home Editionは12GバイトのSSD。メインメモリは1Gバイト。6セルのバッテリーで約4.2~7.8時間動く。重さは約1.1キロ。

 Eee PC 1000とEee PC 1000Hは10.2インチワイド液晶。解像度は1024×600ドット表示でEee PC 901と同じだ。Eee PC 1000はLinux版のみなので、日本での発売はどうなのかな。40GバイトのSSDを搭載。
 Eee PC 1000HはLinuxとWindows XP Home Editionの2つのOSが選択できる。HDD容量はLinux版が160Gバイト、Windows XP版が80Gバイト。メインメモリは最大2Gバイト。

 バッテリーは6セルで、約3時間から7時間程度。重さはEee PC 1000が1.33キロ、Eee PC 1000Hが1.45キロでかなり重くなっている。3基のUSB 2.0ポート、有線LAN、アナログRGB出力、ヘッドフォン、マイクの端子がついているとのことで、これは通常のノートとほとんど同じ。

 値段は901が5万8269円、1000が6万8559円、1000Hが6万5129円で台湾では発売されている。日本ではこれより数千円から1万円程度高くなると思われる。

 これらの機種のいくつかが、6月の末に日本でも発売されるとのこと。ねらい目はやはり901だと思う。残りの二つはもうすでに発売されているマシンとほとんど同じ。Atomがのったこの901は速度も速いしSSDも拡張され、使い勝手が良くなった。
 他の台湾メーカーも対抗マシンを出してくる予定がある。その中で、迎え撃つこの新マシン群、実機を見るのが楽しみだ。

|

« APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMとタムロン18-200でゴイサギの撮影 | トップページ | APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMでカワセミの撮影 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/41439894

この記事へのトラックバック一覧です: 「Eee PC 901」「Eee PC 1000」「Eee PC 1000H」が6月に新発売:

« APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMとタムロン18-200でゴイサギの撮影 | トップページ | APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMでカワセミの撮影 »