« お風呂の起源 | トップページ | 江戸城の天守閣跡を見てきた »

2008.05.10

APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMは今日、新発売

 シグマの注目のレンズ、APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMが今日、発売された。APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSMと同様に超望遠系ではコストパフォーマンスに優れたレンズだ。一番安い値段で出ているところで、9万円台。価格コムやヨドバシでは116800円程度。10%のポイント。まあ、10万前後で手に入りそうだ。これはキヤノン純正の100-400が20万前後する中で、半値ということ。

 キヤノンのEF100-400は軽くて、画質に定評があり、明るいレンズ。それはいいに決まっている。でも、手ぶれ補正が古くて、聴きが2段までで、望遠側が400mmまでで、発売されてから8年も経っている。しかも高い・・・・。しかし、欲しいレンズの代表だ。憧れのレンズの一つ。

 それをあきらめて、このシグマのレンズを購入するかどうか、ここは決め所。目的は鳥や昆虫の撮影。また、植物撮りにも使いたい。発売日である今日、まだブログなどにあまり登場していないが、ここ数日の中で撮影例が出てくるだろう。それを見て決めたい。

 数少ないブログの書き込み等を見てみると、オートフォーカスは120-400同様、結構いいという意見。また手ぶれ補正も音はするけれど効きがいいとも。実際の撮影例を見てみたが、問題は感じられない。やはり、ここは150-500を購入して、野鳥撮りを本格的に開始しようかな。2kgの重さは問題だけれど。

|

« お風呂の起源 | トップページ | 江戸城の天守閣跡を見てきた »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/41160864

この記事へのトラックバック一覧です: APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMは今日、新発売:

« お風呂の起源 | トップページ | 江戸城の天守閣跡を見てきた »