« 写真の歴史を調べてみた | トップページ | ジゴペタラムは香りの花 »

2008.03.07

夏川りみのコンサートを聴いてきた

 初めて夏川りみのコンサートに行ってきた。場所は杉並公会堂。ここは生まれ変わってから素晴らしいホールになった。ものすごく聞きやすい。7時開演。
 最初に出てきたのは、アコースティックパーシャ。石垣出身の「新良幸人」さんが中心となって時々集まって活動しているバンドのようだ。3曲、何にも言わずに演奏。上手・・・だけれど、だれなのかな・・・?そして意味は?ほとんど理解不能。
 その後、彼の話が始まり、メンバーが紹介された。次第にエンジンが掛かり始め、演奏も調子が出てきた。笛の「よなは徹」さんも数曲吹いて音が出てくる。ベースとギターは名人。安定している。新良さんの声も次第によくひびくようになった。
 みんなの調子が出てきたところで、「夏川りみ」さん、登場!会場は割れんばかりの拍手。二人で一緒に歌う。飛び上がるぐらいビックリの声量と音程の確かさ。声の質もしっとりとして美しい。本当に二人といない素晴らしい声だ。その後、「涙そうそう」と「花」を歌ってくれた。涙が出るくらい美しい歌い方。絶妙な節回しは感嘆するしかない。なんでこの人がもっと出てこないのだろう。今の日本では他にいない歌手だろうに。
 今度、カバーアルバムが出てきているようだ。アマゾンで頼もう。

|

« 写真の歴史を調べてみた | トップページ | ジゴペタラムは香りの花 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私もラジオで夏川さんが他の方の曲をカバーしているのを聞きましたが、すばらしいです。元の歌より聞き応えがあるものもあったり、感情の付け方を変えたりと、別の曲のように楽しめました。CD、買おうかと思っています。
杉並公会堂での公演は知っていたのですが、ちょっと杉並には出かけられないもので…。

投稿: yukihiro | 2008.03.08 22:29

入れ墨ですか・・・。ブログでの論争、読ませてもらいました。人は様々な状況の中で、心が変化をしていく存在。彼女も何かと懸命に戦っているのでしょうね。でも私は入れ墨は嫌いです。彼女の歌声は好きですが。

投稿: take | 2008.03.08 05:39

美しい歌声は比類無きものですが、
刺青大好きという、悲しい性癖・・。


http://rimisumi.exblog.jp/

http://rimirimi.notlong.com

http://riminatsukawa.notlong.com

http://rimi-net.notlong.com

投稿: ハイフェッツ | 2008.03.08 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/40416616

この記事へのトラックバック一覧です: 夏川りみのコンサートを聴いてきた:

« 写真の歴史を調べてみた | トップページ | ジゴペタラムは香りの花 »