« ジゴペタラムは香りの花 | トップページ | FinePix F100fdはどんな画像なのかな? »

2008.03.09

昨日、自由が丘で土星を見た

 昨日、職場の行事で屋上に天体望遠鏡を設置した。自由が丘という場所柄、非常に周囲は明るく、よく見えるかどうかも不安だった。また、使用した望遠鏡((ゴトウ製)は多分30年ぐらい前のもので、接眼レンズにはカビがきていた。対物の方はそれほどでもなく、また赤道儀も少しホコリはたまっていたが、動きに支障はなかった。3年ほど前に一度組み立てたことがあって、壊れてはいないことはわかってはいたが、ほぼ全ての部品がそろっていてとてもラッキーだった。全ては一緒に作業をしてくださった方のおかげで、順調に調整が進み、屋上にセットすることができた。後は、昨日の星座で見る対象を何にするかが問題だった。月が出ればそれがいいと思っていたのだが・・・。

 ネット(国立天文台・今日のほしぞら)で調べてみると、なんと昨日は新月。見えるはずがない。次に惑星を調べてみた。日没後1時間程度の時に火星、土星が見えるはずということがわかった。またオリオン座、大熊座、夏の大三角形ももちろん十分見えるはず。

 屋上に戻り天体望遠鏡のセットに移った。仲間の詳しい方がスポットを調整してくださり、赤道儀も調子よく動くようになったので、後はそんなに難しくはなかった。東の空に輝く土星と思われる星にスポットを合わせのぞいてみる。はじめは接眼を倍率の高い方にしていたが、明るくて倍率の低い方に取り替えてみた。すると、見事に土星が・・・!輪が斜め50度くらいに傾いた状態ではっきりと見ることができる。

 また双眼鏡の方ではプレアデス星団をくっきりと見ることができた。これもいくつもの星が輝いていてとても美しかった。

 最初はほとんど町の明かりで見えなかった大熊座や北極星も少しずつ見えるようになってきた。冬の晴れ間が続いた昨日は雲が全くなく、2時間の間、じっくりと観察できた。見た人たちはみんな感激と感嘆の言葉。私自身も久しぶりに見た土星に、しかも自由が丘の空に光る土星に感動しながら、観測会を終了。

 やはり以前磨いた反射鏡をぜひ天体望遠鏡として完成させたいと思った。よし、材料を購入しよう。
 

|

« ジゴペタラムは香りの花 | トップページ | FinePix F100fdはどんな画像なのかな? »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/40434993

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日、自由が丘で土星を見た:

« ジゴペタラムは香りの花 | トップページ | FinePix F100fdはどんな画像なのかな? »