« 塩原渓谷に猿の群れ | トップページ | 塩原の「木の葉化石園」は努力の産物 »

2008.03.28

驚異のカシオのデジカメ、「EX-F1」を触ってきた

 発表の時から驚かれたカシオの「EX-F1」が発売された。これはとんでもないデジカメ、いやデジビデ、そう、とんでもないデジカメ・デジビデ兼用機なのだ。それも高速連射に対応していて、秒60コマまで行けるという。また、動画も秒300コマから最高1200コマまで撮影できる。その機種が発売された。
 新宿ヨドバシにおいてあるのは2台だけ。結構みんなが囲んで見ている。サンプル画像を見ているのだが、それはそれは凄い画像だ。野球やゴルフのスイングがきちんと撮影されている。カワセミもスローモーションの中で水に飛び込んでいる。

 実際にヨドバシで触ってみた。感じたことを下にまとめてみる。
1,結構ズームがきく。さすが400mmを超えることだけはある。
2,ズームの方法が二つある。右手でレバーを引く方法。レンズ周りを回す方法。どちらもレスポンスがいいわけではない。結構速く動くものにはきついかもしれない。
3,ピントは半押しで会うのだが、そんなにすぐには合わない。それなりに配慮が必要かもしれない。
4,重さは軽い。600gを超えるので重いと思っていたら、そんなことはない。一眼レフとくらべると遙かに軽い。
5,レンズが伸びないので、撮影の途中でレンズが何かにぶつかることはない。使いやすい。
6,大きさはやはり大きい。カシオの製品群の中では特に目立つ。
 さて、皆さんだったらどうしますか。このカメラ。値段は12万

|

« 塩原渓谷に猿の群れ | トップページ | 塩原の「木の葉化石園」は努力の産物 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/40670127

この記事へのトラックバック一覧です: 驚異のカシオのデジカメ、「EX-F1」を触ってきた:

« 塩原渓谷に猿の群れ | トップページ | 塩原の「木の葉化石園」は努力の産物 »