« 野鳥観察に20倍のSP-570UZはどうかな | トップページ | リコーの最強デジカメ、「R8」が3月に新発売 »

2008.02.17

富士フイルムFinePix S8100fdは野鳥撮りにはどうかな

 オリンパスの兄弟機にあたる富士フイルムのFinePix S8100fdは野鳥撮りに向いているのだろうか。これもスペックを検討してみた。

 ズームは27-486mmで、オリンパスより望遠側が多少低い。18倍ズームということだ。ただ、等倍・1.4倍・2倍の3段階で撮影した画像の記録ができることは面白い。

 ねらい撮りズームという機能も面白い。ズームの外側にガイドを設定して周辺部を表示する。だから、ねらいから外れてももう一度被写体を捕まえやすいということになるそうだ。ただ、使ってみないとわからないけれど。

 感度はオリンパスと同様6400まで。手ぶれ補正もCCD方式で同じ。画素数も1000万画素。

 高速撮影では約13.5コマ/秒で最大33コマ。ただし300万画質で。秒10コマの高速再生ができるのは面白い。

 今回、2月23日に発売だ。オリンパスより一足先に発売される。さて、どちらが売れるのだろう。


|

« 野鳥観察に20倍のSP-570UZはどうかな | トップページ | リコーの最強デジカメ、「R8」が3月に新発売 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/40158935

この記事へのトラックバック一覧です: 富士フイルムFinePix S8100fdは野鳥撮りにはどうかな:

« 野鳥観察に20倍のSP-570UZはどうかな | トップページ | リコーの最強デジカメ、「R8」が3月に新発売 »