« 世田谷の写真と動画の「動画」の部、完成! | トップページ | 中沢新一の南方熊楠論、「森のバロック」を読み終わった »

2008.01.26

キヤノンの新型一眼レフデジカメ、EOS Kiss X2が3月発売

 ニコンに追い抜かれたキャノンから満を持して新型一眼レフデジカメ、EOS Kiss X2が3月に発売される。私の初代の一眼がKissなのでこれはやはりチェックするしかない。調べてみた。

メディアがCFからSDカードに変更になった。
撮像画面サイズ 22.2×14.8mm。
私の手持ちはCFばかりだが、SDになったからといって、特に困ることはない。
ただ、パソコンへの取り込みには時間がかかる。あと、メディアの信頼感はやはりSDよりはCFの方があるな。

画素数は約1220万画素にアップ。でも画素数のアップは画質のアップにつながらない。もうそういう競争は無意味。アピールする力はあるのかな。

ダスト除去機能が次の3つになったようだ。
(1)自動センサークリーニング
(2)手動センサークリーニング
(3)撮影画像へのダストデリートデータ付加

ファイルサイズはRAWが結構大きくなった。メディアも複数枚必要になるだろう。
RAW(ロウ):約15.3MB(4272×2848画素)

画像の明るさを自動補正する「オートライティングオプティマイザ」がついた。明るさやコントラストを自動補正するそうだ。初心者向きの機能だ。

ファインダーはペンタダハミラー使用、アイレベル式だそうで、これはいやがる人もいそうだ。
視野率は上下左右とも約95%で倍率 約0.87倍だそうだ。できたらもう少し何とかして欲しかった。

被写界深度確認は絞り込みボタンによるやり方だそうで、これは他には方法がないだろう。

オートフォーカスはTTLで9点測距だ。通常は十分だ。

露出制御は測光方式 35分割TTL開放測光。

ISO感度はかんたん撮影ゾーンでISO 100~800自動設定、応用撮影ゾーンがISO 100~1600任意設定(1段ステップ)だそうだ。3200まで行かなかったのが意外。

内蔵ストロボの充電時間は3秒だそうだ。暗い中でも結構連続して撮影できそうだ。

連続撮影速度は最高約3.5コマ/秒で、40Dと比べると遅いが、普通の写真を撮る分には十分。

ただ、連続撮影の能力は、RAWデータで撮影すると約6枚までだそうだ。RAW+JPEGでは約4枚まで。ちょっと少ないかな。

新しく着いたライブビュー機能は私はいいと思う。40Dに付属しているものより使いやすく操作しやすくなっている。私はライブビューを40Dでも鳥の撮影などでよく使っている。手持ちでシャッターブレを減らす効果があるので便利。

液晶モニターはTFT式カラー液晶モニターで大型3.0型なのだが、ドット数が約23万ドット程度で大きくなった割には撮影した内容の確認には十分なのだろうか。実際に見てみないと、ちょっと心配。

電源は撮影可能枚数がストロボ撮影なしで約600枚、50%ストロボ撮影約400枚だそうだ。結構たくさん撮れる。40Dも電源の持ちはかなりいいが、これも電源をあまり気にせず一日撮れそうだ。

起動時間は約0.1秒だそうで、瞬間対応も問題ない。

大きさは128.8(幅)×97.5(高さ)×61.9(奥行)mmで、質量が約475gということで、小さくて軽い。
基本的に初心者、女性を意識しているのではないかな。

現在、予約価格ですでに8万程度。40Dが12万5千円程度。さて、キヤノン同士での食い合いが出てきそうな気がするのだけれど。何だか、価格と性能が近すぎませんか。

さて、3月の発売で、どのような売れ行きになるのか楽しみだ。

|

« 世田谷の写真と動画の「動画」の部、完成! | トップページ | 中沢新一の南方熊楠論、「森のバロック」を読み終わった »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/17851491

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンの新型一眼レフデジカメ、EOS Kiss X2が3月発売:

» canon EOS Kiss X2 [TameCom デジカメ関連ニュース]
新開発の自社製約1220万画素CMOSセンサー有効画素数約1220万画素(総画素数約1240万画素)、自社開発のCMOSセンサー(22.2×14.8mm:APSCサイズ)を搭載しました。オンチップマイクロレンズの集光効率向上を図ることにより、「EOS Kiss Digital X」と比べて高画素化を図りながらも、ISO感度設定範囲100〜1600を確保しています。進化した中央F2.8対応の高精度9点測距AF高精度な9点測距AFセンサーを搭載しています。中央AFフレーム...... [続きを読む]

受信: 2008.02.11 17:53

« 世田谷の写真と動画の「動画」の部、完成! | トップページ | 中沢新一の南方熊楠論、「森のバロック」を読み終わった »