« ドコモの905iはFlashLite3に対応 | トップページ | 次世代高速無線通信・WiMAXはどこに決定か? »

2007.12.18

projectDREAMER公演2007「どツボッ!!」は面白いぞ!

 六本木のCOAPASTIC CAFE&BARでprojectDREAMER公演2007「どツボッ!!」を見てきた。

 台本と演出は中津留章仁で、星野卓誠が主演の作家役を演じる。妻の松本永倫子、愛人の小川慶子、姪の彼の中村玄悟、彼女役の朝倉みず希、笹山役の半田周平など、芸達者なメンバーだ。

 その他に姪役で串山麻衣、息子役の小島裕甥役の白川政之などが出ている。それぞれ舞台や映画、CMなどで活躍している。いつも東京ピチピチBoysの公演を楽しみに見ているのだが、息子の友だちの星野君が出るというので、今回の芝居を見てきた。

 全体として、始めから終わりまで、とても楽しかった。演技、言葉、ストーリー、全て面白かった。重たくて仕方がない現実に疲れる現代人にとって、笑いは欠かせない。今回の芝居には見終わった後の爽快感がある。

 その場限りの口から出任せで真実を誤魔化そうとする作家が、がんじがらめになり、破綻していくストーリーだが、終わり方がスマートで見ている側に負担がない。嘘が嘘を呼び、その様子を見て笑う作家、そして私たち。あがけばあがくほど泥沼に入り込む。ありますよね、そんな体験。

 星野君の演技は次第に力が抜け、セリフのタイミングも上手になっている。覚えているセリフを読んでいる感じはもうない。体や顔の表情にも演技者としての貫禄が出てきた。コミカルな動きも良かった。

 妻の松本さん、姪の彼役の中村さん、笹山役の半田さんもただ者ではない。言葉も分かりやすく、スピーディな展開にも負けてはいない。演技も十分、お客を楽しませる。愛人役の小川さんも突然芝居に出ることになったとのこと。さぞかし大変だっただろう。気絶した時の操られぶりは超面白い!今回は会場は小さく、お客さんの数も多くは収容できないが、この芝居の面白さは必見。

 ネットを調べてみたら、この芝居の伝説が出ていた。2年前の前回公演の時、10日間で800人を集めたとかいてあった。60から70人程度しか入らない会場で、この人数は確かにすごい。今回も客席は満員。みんなどこから情報を得て来ているのだろう。11月27日から始まって12月27日が最終。

 場所:六本木・Copastic Cafe & Bar〔コパスティックカフェ〕(http://www.copasticcafe.com
TEL.0357723048

料金:3000円(1food、1drink付)

日程:
11月27日(火)①19:00~、②21:30~
12月4日(火)①19:00~、②21:30~
12月11日(火)①19:00~、②21:30~
12月18日(火)①19:00~、②21:30~
12月26日(水)①19:30~、②21:30~

 お薦めの芝居でした。

|

« ドコモの905iはFlashLite3に対応 | トップページ | 次世代高速無線通信・WiMAXはどこに決定か? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/17408197

この記事へのトラックバック一覧です: projectDREAMER公演2007「どツボッ!!」は面白いぞ!:

« ドコモの905iはFlashLite3に対応 | トップページ | 次世代高速無線通信・WiMAXはどこに決定か? »