« 次世代高速無線通信・WiMAXはどこに決定か? | トップページ | 等々力の「ざいもく亭」は美味しかった »

2007.12.21

なぜ次世代高速無線通信がKDDIとウイルコムなのか

 注目されていた21日の総務省の決定は、予想どうり、KDDIとウイルコムに決定した。2年以内にこのサービスが始まる。2009年にこの無線LANが本格化するとしたら、現在のLAN設定にお金をかけたくなくなる。今回外れたDoCoMoとソフトバンクは回線を借りる形を選択する方法もあるとのこと。

 ウイルコムはKDDIのモバイルWiMAXではなく、次世代PHSの方式で2.5ギガヘルツ帯に参加するとのこと。世界でもほとんど仲間がいないこの次世代PHSをなぜ入れたのか疑問に思ったので調べてみた。

 まず、世界標準ということでモバイルWIMAXがコスト的に安いのではないかと思ったのだが、ウイルコムの副社長のインタビューでは、周波数帯が同じだったらソフトを書き換えるだけでハードの値段は変わらないとのこと。だから、性能が高い方が有利と言うこと。

 そこで、次世代PHSの性能の優位性を強調していた。それは多数の基地局でユーザーのトラフィックを分散処理する「マイクロセル」を構成するのに次世代PHSの方が、モバイルWIMAXよりやりやすいということ。

 一月に、一人あたり数ギガから10ギガのデータをやりとりすることになるという。電話の100倍から1000倍になるとのこと。そうなると大容量のデータを処理する技術が必要で、それにはモバイルWIMAXより次世代PHSの方が技術的に優れているとの判断だそうだ。

 総務省は、この二つの方式を競わせることを考えたのだろう。WiMAXフォーラムのメンバーであるKDDIと全く違う方式のウイルコムの次世代PHS。どちらが生き残るにしても、あるいはどちらも生き残っても問題はない。

 DoCoMoとソフトバンクは、2010年にも始まるといわれる第四世代携帯電話の方式の開発を本格化させることで生き残りをはかるだろう。また、2ギガヘルツ帯やその他の違う周波数帯を使うこともあるのかもしれない。

 どちらにしても、今回のモバイルWIMAXの発展で、LANの世界に激動の時代がきたことだけは間違いない。さらに注目していこう。

|

« 次世代高速無線通信・WiMAXはどこに決定か? | トップページ | 等々力の「ざいもく亭」は美味しかった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/17439135

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ次世代高速無線通信がKDDIとウイルコムなのか:

» ネックレス [,なぜ次世代高速無線通信がKDDIとウイル]
興味深く読ませて頂きました!また! [続きを読む]

受信: 2007.12.24 00:09

« 次世代高速無線通信・WiMAXはどこに決定か? | トップページ | 等々力の「ざいもく亭」は美味しかった »