« 高尾山の紅葉はまだ! | トップページ | PSP2000用Flashソフト、「瞬間記憶」開発 »

2007.11.06

バッファローの指紋認証USBメモリーにウイルス混入

 10月10日にバッファローから発表された報告によると、指紋認証USBRUF2-FSのシリーズにウイルスの混入があったことを発表した。

RUF2-FS512-W 07/09/11 000001~000360の一部
RUF2-FS1G-W 07/09/11 000001~000360の一部
RUF2-FS2G-W 07/09/11 000001~000120の一部

ウイルスの種別はトロイの木馬で、 オンラインゲームのIDとPASSWORDを取得するものだそうだ。
対象ゲームは以下のもの。
ZhengTu , Wanmi Shijie or Perfect World , Dekaron Siwan Mojie ,
HuangYi Online , Rexue Jianghu , ROHAN , Seal Online , Maple Story ,
Talesweaver , R2 (Reign of Revolution)

 これらのソフトの内容からいうと、台湾か中国のもののようだ。台湾でメモリーを製造中に混入したと思われる。最もセキュリティを要求される製品にウイルスが混入しているとは、ちょっと・・・。製品の抜き取り検査で発見したということだが、製造段階でのチェックは当然必要なのではないか。今後の対策は万全にしてほしいものだ。この製品は私が友だちに薦めたものなので、責任を感じてしまう。

 「RUF2-FSシリーズ交換窓口」
・電話番号: 0120-977-490 (通話料無料)
・申込受付開始日:2007年10月10日(水) 13:00より
・受付時間: 月~金(祝日を除く)9:30~12:00、 13:00~17:00


|

« 高尾山の紅葉はまだ! | トップページ | PSP2000用Flashソフト、「瞬間記憶」開発 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/16991304

この記事へのトラックバック一覧です: バッファローの指紋認証USBメモリーにウイルス混入:

« 高尾山の紅葉はまだ! | トップページ | PSP2000用Flashソフト、「瞬間記憶」開発 »