« キヤノンのデジタルフォトプロフェッショナルの使い方がわかった | トップページ | キヤノンのEF-S55-250mm F4-5.6 ISは手頃なレンズ »

2007.11.18

今日も東京ビジュアルアーツでフォトショップ研修

 昨日に引き続き、フォトショップでのデジタルフォトの研修。今日の午前中はフォトショップの基本的なテクニックを復習。印刷や設定を確認。その後、自分で撮影したRAWデータを元にフォトショップで加工して印刷に入る。

 持って行ったのは水没する前のEOSのデータ。春の安房小湊周辺の写真と夏の青森旅行の写真だ。今回は覆い焼きの手法を多用した。立体的に見える写真が容易に作れる。癖になるやり方。白飛びの場合にも応用できる。今回はカラー写真はエプソンのGのシリーズの顔料インクで印刷した。白黒はエプソンの5500で印刷。黒が本当にきれいに出る。
Simg_2657_2


 お寺の獅子頭や千葉の大山千枚田、菜の花の咲き乱れる鉄道、夕日の海など、10枚ほどを印刷してみた。色調整や効果の設定も面白い。いくら時間をかけても疲れない。私はこの作業は好きなんだと思う。昔、現像を自分でしていた時代を思い出す。

 夕方、充実した一日が終わる。帰ってから講師の稲元史郎先生のホームページを見つける。素晴らしい写真を見ることができる。私も本気で写真に取り組みたくなる。

 私の母親も写真をやっているが、花の写真が専門。それもいいと思うが、私はまた違う観点から世の中を見てみたい。いったい私は何を切り取ろうとするのだろうか。

|

« キヤノンのデジタルフォトプロフェッショナルの使い方がわかった | トップページ | キヤノンのEF-S55-250mm F4-5.6 ISは手頃なレンズ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/17113179

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も東京ビジュアルアーツでフォトショップ研修:

« キヤノンのデジタルフォトプロフェッショナルの使い方がわかった | トップページ | キヤノンのEF-S55-250mm F4-5.6 ISは手頃なレンズ »