« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の記事

2007.11.30

国会の見学

 国会の見学に行ってきた。議員の紹介が必要なので、そう簡単にはできない。入り口には金属探知機があり、まるで空港の様だ。警備員の数は大変多い。やはり国会を安全な場所にするためにお金がかかるのだろう。

 話題の赤絨毯は色が変わり、真っ赤な絨毯ではなくなった。廊下は狭く、見学の団体と議員の間は手を伸ばせば届く範囲。天皇の御所もガラス越しに見学できる。

 ただ、昔は説明の人がついたが、現在は本会議場でも録音テープを聴くだけ。質問を受けてもらうこともない。すいているときはゆっくり話が聞けることもあるそうだが、なかなかそういうときに当たらない。日本の技術の粋をかけて作り上げた国会だが、ただ通るだけではない見学のパターンを作れないものだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キヤノンEF-S55-250mm F4-5.6 ISが新発売

 キヤノンのレンズ、EF-S55-250mm F4-5.6 ISがついに発売された。ヨドバシ、ビックカメラともに37800円。

 ただ、ポイントはヨドバシが10%でビックカメラが11%。

 評判は良好で、心配されていたUSMなしのAF機能も特に問題が指摘されていない。音も静かとのこと。

 現在持っているタムロンの18-200と完全にかぶるのだけれど、やはり購入してみようかな。

 タムロンの新レンズ、AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO【A20】が69800円、ポイント10%もするので、ちょっと迷ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.26

東京から一番近い白鳥飛来地は?

 福島県の阿武隈川に白鳥が飛来していた。オオハクチョウ、コハクチョウどちらも混じっていて、写真撮影には絶好。毎回、福島というわけにもいかないので、日本の飛来地を調べてみた。

 一つ目が千葉県印旛郡本埜(もとの)村、笠神1745、本埜村立本埜第2小学校から南東へ約800mの水田が見つかった。ここだったら首都高速湾岸線、東関東自動車道路、四街道IC、そして 四街道ICからは臼井方面へ進み、臼井から印西方面へ進むと目的地に着くとのこと。昨年は1月に1300羽を超えたそうだ。平成4年に6羽の白鳥が見つかり、餌付けをした結果がこの盛況に結びついている。近くに無料駐車場もある。ここも撮影に向いてそうだ。

 二つ目は埼玉県、川本町、現在は深谷市、国道140号の近くに白鳥が来るとのこと。ここはコハクチョウとカモが主体のようで、餌やりは制限されているようだ。また白鳥までの距離が遠いとも書いてあった。秩父鉄道の明戸駅の近くで、関越の花園ICから行ける。これは近い。駐車場がある。今までは300羽弱が最高のようだ。現在は60羽程度。
 寄居・秩父方面出口→(140号バイパス)花園橋北交差点 左折→(荒川を渡り)花園橋南交差点 左折→県道 81号線 直進(約 6キロメートル)→飛来地入口がルートだ。

 三つ目は、山形県、酒田市の最上川河口の出羽大橋付近の最上スワンパークだ。ここは日本一の飛来数を誇る。1万羽を超える時もあった。JR酒田駅からバス10分市営体育館前下車、徒歩5分、酒田ICから車で10分程度だそうだ。無料駐車場も50台分ある。素晴らしいとは思うが東京からは少し遠いかな。

 四つ目は長野県安曇野の御宝田遊水池だ。豊科ICから行くそうだが、ちょっとこれも東京から遠いかな。しかも平成18年の水害で飛来地がだいぶ痛んだようだ。今年は何羽来るのかな。

 五つ目が有名な瓢湖だ。なんと現在6000羽を超える白鳥が飛来しているそうだ。白鳥の個体数は角屋旅館の記録が詳しい。

 六つ目が茨城県那珂市の古徳沼が上げられているが、今年はまだ古徳沼2羽、一の関ため池親水公園12羽、中里ため池31羽だそうだ。数百羽来た年もあったそうだ。

 コハクチョウとオオハクチョウは簡単に見分けられる。嘴(くちばし)の上の黄色い部分が半分を超えている場足はオオハクチョウ、半分以下の場合はコハクチョウ。
Simg_1165Simg_1164

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.25

福島、阿武隈川に白鳥が来ていた

 福島駅から親水公園までバスで15分ぐらい。バス停は岡部という名前。そこから数分であぶくま親水公園に着く。周りの流れから守られたわずかな場所に白鳥とカモが集まっている。以前見た猪苗代湖の白鳥より数は多いかもしれない。昨年の1月は700羽を超えたと書いてあった。1月や2月の休日は福島駅西口から白鳥号という専用バスが出るそうだが、まだ11月なので、定期バスで向かうことになる。

 着いたのが11時30分頃。帰りのバスを調べたら十数分後。走って見てくることになる。土手を駆け下り、恐る恐る川をのぞいてみると、凄い数のカモと白鳥たち。みんな人に慣れていて、ちっとも逃げない。まるで公園の鳥たちのようだ。それに白鳥もカモに負けずに餌を要求。

 早速カメラを構えて撮影。仲間も忘れずに撮影。明るい光の中で、白鳥のアップを撮影してまた急いでバス停に!途中で「バスが来た!」という仲間の声。あわてて駆けるが、それは貸し切り。今度はいっこうに来ない。5分以上遅れる。もう通り過ぎたのか?10分程度遅れてようやくバスが来る。それは私たちが行きに乗ったバス。そう、私たちが降りるときに時間がかかったために、帰りの時刻が遅れてしまったのだ。運転手さんはさっきの人。何とも・・・。

 白鳥を見たり、写真撮影をするにはとてもいい場所だ。東京からも近いし、ここはお勧めですよ。Simg_1151


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高湯の玉子湯は名湯

福島の高湯温泉の玉子湯。

今は一面の銀世界。

その中で源泉かけ流しの白濁露天風呂を楽しむことができる。

周りには何もない。浄土平も十一月十五日に閉鎖。ただひたすらお風呂に入る。

硫黄の香りがするなかで、源泉百パーセントのお湯がたっぷり流れこむ。肌はツルツルになる。

本当にいい温泉だな。Simg_1093Simg_1115_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.24

蘭の花芽が伸びてきた

 今年も蘭を外にギリギリまで出していた。あまり早く取り込むと花芽がつかないのだ。今年は11月の半ば。

 オンシジュウム、ジゴペタラム、クリストキサム、胡蝶蘭、セロジネなどに寒さを感じさせた。例年感じるのだが、家に取り込む時期が遅くなってきている。ベンジャミンの挿し木にしたものなどは早めに取り込んだが、他は結構ギリギリまで外に出していた。

 取り込んでみて、あらためてみてみると胡蝶蘭やオンシジュウムなどはすでに花芽が伸びていた。他は咲く時期なども違うので、これからだと思う。ジゴペタラムも良い香りを出すので楽しみにしている。さて、今年はどのように育ってくれるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新発売のニコンD300は暗さに強い

 キヤノンと双璧のカメラメーカーであるニコンから話題の一眼レフデジカメ、D300が出た。今回、私もD300で撮影し、それを全紙サイズで印刷したデータを見た。それもISO3200とISO6400(増感したもの)で撮影したデータだ。モデルは女性とトランペットを吹く男性。肌の感じも生き生きとしていて艶があり全く問題ない。フォトショップなどで処理はしていると思うが、それにしても美しい。今までキヤノンに負けていた暗部に弱いというイメージが、このD300の登場によって変えることができそうだ。
 
 暗さに強いということは様々な利点を持つ。そもそもストロボは遠方には届かない。ディティールに富んだ少し暗めの写真を撮影したいと思ったときは使えない。ストロボをたいたときに感じる同じ色合いを避けることができる。

 また、シャッタースピードが速くなるので当然ブレを防げる。記録写真を撮るときや失敗が許されないときに、こちらも安心して撮影できる。

 今回、唯一の問題はこのカメラが20万を超えているということだ。キヤノンの40Dはすでに11万程度で売られている。約10万の差ほどの価値があるかということだ。ニコンユーザーは当然、このカメラを支持するだろうが、一般ユーザーにとってはどうなのだろう。すでに次の機種の噂も出ているが、D300と40Dの売れ行きに差が出てくればその時期が早まることはあるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.20

キヤノンのEF-S55-250mm F4-5.6 ISは手頃なレンズ

 キヤノンの注目のレンズ、EF-S55-250mm F4-5.6 ISが今月の29日に発売される。これはなかなか凄いレンズで手ぶれ補正4段分の効果があるとのこと。それなのに値段がヨドバシ価格で37800円。ビックカメラも同じ。ポイントは10%だから、実質34000円程度。ネットでは32600円で出ているが、大差はない。
 
 このレンズは超音波モーター(USM)はついていない。それで値段を落としているのだろう。しかし、円形絞りなので美しいボケが期待されるし、UDレンズ(2枚で1枚の蛍石レンズに相当)が採用されていて、色収差もおさえられているとのこと。重さも390gで大変軽い。

 何とも魅力的なレンズで、まだ発売されていないのに人気が高い。タムロンのAF28-300(A20)とかぶるが、値段が3万近く安い。さて、どちらがいいのだろう。広角側に強いタムロンなのか、それとも安定した手ぶれ補正機能がついているキヤノンなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.18

今日も東京ビジュアルアーツでフォトショップ研修

 昨日に引き続き、フォトショップでのデジタルフォトの研修。今日の午前中はフォトショップの基本的なテクニックを復習。印刷や設定を確認。その後、自分で撮影したRAWデータを元にフォトショップで加工して印刷に入る。

 持って行ったのは水没する前のEOSのデータ。春の安房小湊周辺の写真と夏の青森旅行の写真だ。今回は覆い焼きの手法を多用した。立体的に見える写真が容易に作れる。癖になるやり方。白飛びの場合にも応用できる。今回はカラー写真はエプソンのGのシリーズの顔料インクで印刷した。白黒はエプソンの5500で印刷。黒が本当にきれいに出る。
Simg_2657_2


 お寺の獅子頭や千葉の大山千枚田、菜の花の咲き乱れる鉄道、夕日の海など、10枚ほどを印刷してみた。色調整や効果の設定も面白い。いくら時間をかけても疲れない。私はこの作業は好きなんだと思う。昔、現像を自分でしていた時代を思い出す。

 夕方、充実した一日が終わる。帰ってから講師の稲元史郎先生のホームページを見つける。素晴らしい写真を見ることができる。私も本気で写真に取り組みたくなる。

 私の母親も写真をやっているが、花の写真が専門。それもいいと思うが、私はまた違う観点から世の中を見てみたい。いったい私は何を切り取ろうとするのだろうか。

携帯・デジカメ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.17

キヤノンのデジタルフォトプロフェッショナルの使い方がわかった

 キヤノンのデジタル写真のRAWデータやJPEGデータの表示および編集ソフトであるDigital Photo Professionalの使い方が理解できた。

 それはフォトショップの研修会でその操作法を教えてもらったことによる。基本的な考え方は同じで、操作法も似ている。基本的な事しかできないが、トーンカーブもついていて色の変更や調整を感覚的に行える。

 今回、西沢渓谷での撮影時、暗部が多かったのでどうしてもISO感度が高く設定され、滝や川の流れが白飛びしてしまった。また、全体的に色のノリが悪く白っぽい画像になってしまっていた。それをトーンカーブで調整してみた。

 画面を見ながらリアルに調整できる。とても使いやすい。RGBでの調整だけでなく、R,G,Bそれぞれ単独での調整もできる。ただ、それはうまくはいかなかったが。とりあえずフォトショップと同じような方法でRAW画像の基本的な色調整は簡単に行える。

 創造的な道具としてのフォトショップの機能まではとても及ばないが、基本的な色調整の機能は十分にもっていると感じた。これまではエレメントを使っていたが、動作感覚もこちらの方がいいので、フォトショップを購入するまでは、このソフトを使おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ビジュアルアーツでフォトショップ研修

 今日と明日の二日間、東京ビジュアルアーツでフォトショップの研修を行っている。これで3年目。今日は、様々なフォトショップの操作法と技術を学んだ。講師の稲元史郎先生は豊富なデジタルフォトの経験に基づき、適格な指導をしてくれる。今年は私が知りたかったことがかなり入っていて、とても参考になった。

 フォトショップは世界共通のツールだから、これができるようになれば共通の言語を持つことと同じで、様々なことに応用がきく。今回は基本から結構マニアックなところまでかなり広範囲な研修になった。フォトショップはCS3で大きく進歩したそうで、私も購入しようと思った。やはりエレメントではできないことが多すぎる。

 レイヤーとマスクの使い方は実務を繰り返した人でなければ知り得ない知恵が満ちていて大変面白かった。また、パノラマ写真の自動合成機能は資料作りの新しいアイディアが湧いた。これは使える。ネットでも活用ができると思う。私のマシンではまだ力不足だが、メモリーを上げ、導入してみようと思う。

 明日は自分の写真を元にフォトショップで加工してみる。色々フォトショップの機能を試してみようと思う。この研修会は本当に楽しい。多くの人が参加する価値がある。来年はぜひ多くの人を誘ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.16

タムロンのAF18-300mm F/3.5-6.3 DiII LD Aspherical(Model A20)が欲しい

 注目していたレンズ、AF18-300mm F/3.5-6.3 DiII LD Aspherical [IF] MACRO (Model A20)が出た。このレンズは出ると言われて不具合が見つかり延期に延期を重ねてきたレンズだ。しかも、出てからも機種の相性によってバッテリーが不足するとフリーズすることがあるとの指摘も出てきた。またキヤノンのEOS40Dとの相性でAIサーボAFモードでは連写スピードが遅くなる問題がおきるとの情報がタムロンのインフォメーションに提示されていた。
 
 しかし、それでもこのレンズには魅力がある。小さく軽いだけでなく、手ぶれ補正も新たに搭載された。重さは550gしかない。画質は今イチでバッテリーの消耗度も激しいというが、それでも購入したくなる。購入した人たちの満足感も高いようだ。私は今持っているタムロンの18-200とかぶるところがあるので、まだ迷っている。初めてタムロンが出した本格的な手ぶれ補正レンズ。試してみたいな。
 
 値段は価格コムで59940円ヨドバシで69800円、ポイント10%。さてどうしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.12

西沢渓谷はもう冬枯れ

 川浦温泉に行った帰りに西沢渓谷を歩いてみた。車を市営の駐車場に置き、まだ紅葉の残る道を歩いていった。ゲートを超えるとそこには冬枯れの渓谷が広がっていた。美しい川の流れは確かに存在したが、周りを彩るのは赤や黄色より、茶色の世界だった。

 私は西沢渓谷のことを甘く見ていた。昔、何かで来たとき、簡単に歩けた印象があった。今回、4時間コースをほぼ3時間で歩いたのだが、それなりに歩きがいのある道だった。白神山地で落下したときのことを思い出してしまった。いつ落ちてもおかしくないような状態の場所がたくさんあった。登りの道も沢にそって作られている。思わず、カメラを抱えてしまった。

 砂岩を削る川の流れが人々の想像をかきたてたようで、様々なあだ名がついてる。フグ岩、龍神の滝、人面堂、母胎淵など、考えた人の遊びが面白い。実際にはそれほど似てはいないのだが。

 七ツ釜五段の滝はこの渓谷の中でも最大の山場。青く輝く滝壺と白い滝。それが曲がりながら五段になって落ちていく。道はこの滝を巻くように登っていく。様々な角度から見ることができる。

 針葉樹の針の様な葉が空から降ってくる中を歩く経験は滅多にないことだった。この美しい流れがいつまでも残ることを願っている。

 ところで、渓谷から出て帰るときに、道の駅「みとみ」と蒟蒻館に寄ってみた。食事はチャーシューラーメン。大きな肉が3つも入っていた。それなりに疲れた体にエネルギーが注入される。

 また、蒟蒻館には結構多くの蒟蒻の製品が置いてある。地元の蒟蒻も置いてあった。丸玉が一番お芋の味が出ているとおじさんは言っていた。黒糖蒟蒻餅も美味しかったですよ。Simg_0675

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山梨の川浦温泉山県館の温泉は素晴らしい

 山梨の塩山から入る川浦温泉の山県館は知る人ぞ知るという温泉だ。東京の近隣では珍しい源泉100%でかけ流しの温泉で、水を足したり加温したりしていない。2つの源泉を持ち、1250リットル/分の湧出量を誇る。

 実際に入ってみるとぬるっとした感じで肌に優しい。ぬるめなので長い間入っていられる。紅葉が美しくとても気持ちよく入っていられる。河原まで出ていける万葉の道もあり、のんびりと川の流れを見ることもできる。岩風呂は有名で3つの湯船でのんびりと川を眺めながら入れる。

 食事は馬刺しやたっぷりの牛肉しゃぶしゃぶ、ヤマメの塩焼き、刺身等、凝った料理ではないが楽しめる。地酒も美味しい。朝の味噌汁は自分で具を入れる。味噌とキノコがとても美味しい。

 この温泉は東京から2時間程度で行けるのでとても便利。週末は少し値段が高くなるので、時間があったら平日をねらうといいだろう。Simg_0611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.10

PSP2000のFlashソフトにメニューをつけた

 PSP2000のFlashソフトをブラウザソフトで立ち上げた場合、ブックマークで次のソフトを立ち上げるようにしていたが、いちいちアドレスを入力しなければならなかった。そこで、もう少し簡単にするようにするため、考えてみた。

 考えついたのは、ホームページビルダーを使ってFlashソフトにリンクをかけることだった。これでもメニューファイルのアドレスを入力する手間はかかるが、それ一つで済む。これだったら何とかなるかもしれない。作成してみた。大きさの調整が必要で、ビルダーの「どこでもモード」で作成すると位置が偏る。標準モードだと、真ん中に見やすくレイアウトすることができる。これでもかなり簡単になった。しかし、Flashソフトを使った後、そこからメニューに戻ることができなかった。

 これを解決するのに一番簡単なのは、Flashで作成したHTMLファイルそのものをビルダーで読み込み、そこに「戻る」ボタンを作成し、リンクをかけることだった。ようやく面倒なアドレスの入力と戻ることがそう手間がかからずにできるようになった。

 古いバージョンのPSPにこのソフトを入れるとき、メモリースティックのフォルダの中に「メニューファイル」を入れておけば、簡単に新しいソフトを登録していくことができるようになった。多分、UMDを使わない形では、これが一番容易な方法だと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.06

PSP2000用Flashソフト、「瞬間記憶」開発

 携帯用ソフトでは、キーボードがあるので数字の入力が簡単にできたのだが、PSPには本体には付属していない。そのため、入力系のソフトに対応していなかった。そのため、数字に入力できるアルゴリズムを考えてみた。
 
 考え方としては、大したことはない。ただ、1から0までの数字の表示をしておき、それをおしたら表示させるだけ。ただ、何桁目の入力なのかを判定することが難しい。キーだと数字の入力をカウントすればいいが、これだとちょっと。そこで、キーフレームを桁数だけ用意しておき、一桁ずつ入力する形にして今回は逃げた。

 PSPで瞬間に6桁の数字が表示され、それがいくつだったか後で入力していくソフトが動作した。これは結構面白い。人間が瞬間にいくつまで記憶できるか試してみるといい。私は結構凄い力を持っていると思った。三回連続してできた場合、偶然ではないと判断しているが、この私でもそういうときがある。脳のトレーニングは歳をとっても有効だと思う。携帯版(脳の鍛錬)は電車の中でもできるので一番便利だが、プロジェクターに映し出せるPSP版も大変使い道がある。htmlと連携させて少し大きなソフトを作成してみたい。

 ただ、今回の数字入力の部品開発は本質的に問題が解決していない。モジュール化することも完全にはできていない。たった一つの部品を画面に置くだけで、桁数の異なった数字の入力を判定する部品が作れないか、もう少し考えてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッファローの指紋認証USBメモリーにウイルス混入

 10月10日にバッファローから発表された報告によると、指紋認証USBRUF2-FSのシリーズにウイルスの混入があったことを発表した。

RUF2-FS512-W 07/09/11 000001~000360の一部
RUF2-FS1G-W 07/09/11 000001~000360の一部
RUF2-FS2G-W 07/09/11 000001~000120の一部

ウイルスの種別はトロイの木馬で、 オンラインゲームのIDとPASSWORDを取得するものだそうだ。
対象ゲームは以下のもの。
ZhengTu , Wanmi Shijie or Perfect World , Dekaron Siwan Mojie ,
HuangYi Online , Rexue Jianghu , ROHAN , Seal Online , Maple Story ,
Talesweaver , R2 (Reign of Revolution)

 これらのソフトの内容からいうと、台湾か中国のもののようだ。台湾でメモリーを製造中に混入したと思われる。最もセキュリティを要求される製品にウイルスが混入しているとは、ちょっと・・・。製品の抜き取り検査で発見したということだが、製造段階でのチェックは当然必要なのではないか。今後の対策は万全にしてほしいものだ。この製品は私が友だちに薦めたものなので、責任を感じてしまう。

 「RUF2-FSシリーズ交換窓口」
・電話番号: 0120-977-490 (通話料無料)
・申込受付開始日:2007年10月10日(水) 13:00より
・受付時間: 月~金(祝日を除く)9:30~12:00、 13:00~17:00


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.04

高尾山の紅葉はまだ!

 今日はいい天気だった。突然だったが高尾山に行ってみた。途中の山々はそろそろ枯れ始めている。京王高尾についても、まだ紅葉はしていない。出るのが遅かったので、リフトを使ってみた。途中の広葉樹はまだ色づいていない。リフトの途中で観光写真を撮っていた。上に着くともうプリントアウトされて掲示板に貼られている。続々購入していた。一枚、600円からだった。2L版の大きさだったと思うが、半分は高尾山の記念のプリント、残り半分にリフトに乗った観光客の写真という構成。100人買えば6万円!なかなかいい商売だな。

 メインのコースは前を追い抜くのが難しいほど混んでいる。登りも下りもビッシリ。どうしようもない。甘酒で体を温めて歩き始める。山頂は避けて、横から迂回して、一丁平の方へ向かう。陽が差し込み気持ちがいい。いつも閑散としている茶屋も、今日は混雑している。ガマズミとマユミがその実を陽に輝かせている。ススキの穂も気持ちよさそうに揺れている。高曇りの今日は山々を一層奥深く感じさせ、奥行きを景色に持たせる。奥高尾は本当に気持ちがいい。

 しかし、紅葉はまだ!少し色づき始めたところという感じ。来週か再来週になるのではないかな。今年は暖かかった所為か紅葉が遅れている。

 駅を出たところで買った助六寿司の弁当を食べ、稲荷山コースを下る。ここはメインのコースに比べればすいている。ハイキングを楽しむのにはちょうどいい。ただ、平日だとお互いに挨拶をかわすのだが、この混雑では挨拶をしていたら疲れてしまう。会釈もなしに通り過ぎる。

 駅の下の高尾山千代乃家の黒糖まんじゅうを購入して帰ってくる。一つ別に買って歩きながら食べる。疲れた体に心地よい甘さ。帰りは準特急に乗れたのでゆっくり居眠りしながら帰れた。とても気持ちがいい一日だった。でも紅葉はまだですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キヤノン40Dで運動会を撮影

 先日、運動会の撮影に40Dを使った。使ったレンズはタムロンの18-200。F値は3.5-6.3でそんなに明るくない。このレンズをつけて各種競技の様子を撮影した。なお、この運動会は普通の違って記録会の様なもので、100m、50m、50mハードル、高跳び、幅跳び、400mリレー、大縄という特殊なものだ。

 幅跳びをまず撮影してみた。Av優先で撮影。正面から撮影。ジャンプしている空中の状態をまるで静止しているようにとらえることができる。これは凄い。また、後ろから撮影。これもピントは一発。使いやすい。高跳びでも空中でバーを超えている状態をとらえることができる。ただ、幅跳びより、足の動きが速いようで、そこは静止はしなかった。100mやハードル、リレーなどは思ったよりも難しく、どこにピントを合わせていいのかカメラも考えてしまうようだ。何人も走ってきたり、ハードルがあったりする場合、置きピンの様に事前に設定したポイントで撮影するしかないのかな。大縄ではワイド側で手前にピントを合わせて撮影すれば、奥までピントがあってとらえることができた。ただ、縄は動きが速くTvを設定しないと、とらえきれない。でもそれの方が動きがあっていい。

 今回は、あまり設定をいじらず撮影したが、次回はいろいろ機能を試してみたいと思う。それにしても使いやすいカメラだなと感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.03

ソニーのNW-A919 16GB ウォークマンA を買いたいな

 私はかなり昔のデジタルオーディオプレーヤーしか持っていない。耳をふさぐと事故にあうと言われ、自転車に乗っているときは使わない。電車の中では音漏れが気になる。職場で使えば遊んでいると思わるか、コミニュケーション拒否と思われる。使う場所がない。
 
 しかし、今回、ソニーのこのウオークマンはノイズキャンセリング機能がついていて、音を押さえても聞き取れるとのこと。またワンセグがついている。録画もできる。音量を上げても音がひずまないとのこと。

 伴奏の練習に友だちのipodで大出力を出してみたら、音が割れた。しかも低音が出ない。フルートの練習に使うので、それより小さい音しか出ないのでは困る。ということで、このウオークマンが出るまで待つことにした。11月17日発売。値段は44800円。楽しみにしていよう。

| | コメント (0)

キヤノンの40Dが値下がり中

 11月の初旬現在、私が現在愛用しているキヤノンの40D、値段が下がってきた。思ったより早い。ヨドバシで133,100円だ。ポイントは10%。つい先日まで148000円だったので、1万5千円の値下げだ。PCボンバーでは119799円でネット販売している。 これはポイントを引くとほとんど同じ値段だ。まあ、12万前後になったということだ。もうすぐ付属のレンズ、EF-S55-250も出てくる。これはUSMではないが、IS付きで4段の効果がある。暗いところでも手ぶれなしで撮影できる。私の様に鳥や昆虫を撮影するときには必要なレンズだ。値段が37800円でポイント10%。このレンズを付属させても15万円台ということはかなりお得だと思う。ニコンの新製品は、少し値段付けが高い。勝負になるのかな。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »