« キヤノンのEF-S55-250mm F4-5.6 ISは手頃なレンズ | トップページ | 蘭の花芽が伸びてきた »

2007.11.24

新発売のニコンD300は暗さに強い

 キヤノンと双璧のカメラメーカーであるニコンから話題の一眼レフデジカメ、D300が出た。今回、私もD300で撮影し、それを全紙サイズで印刷したデータを見た。それもISO3200とISO6400(増感したもの)で撮影したデータだ。モデルは女性とトランペットを吹く男性。肌の感じも生き生きとしていて艶があり全く問題ない。フォトショップなどで処理はしていると思うが、それにしても美しい。今までキヤノンに負けていた暗部に弱いというイメージが、このD300の登場によって変えることができそうだ。
 
 暗さに強いということは様々な利点を持つ。そもそもストロボは遠方には届かない。ディティールに富んだ少し暗めの写真を撮影したいと思ったときは使えない。ストロボをたいたときに感じる同じ色合いを避けることができる。

 また、シャッタースピードが速くなるので当然ブレを防げる。記録写真を撮るときや失敗が許されないときに、こちらも安心して撮影できる。

 今回、唯一の問題はこのカメラが20万を超えているということだ。キヤノンの40Dはすでに11万程度で売られている。約10万の差ほどの価値があるかということだ。ニコンユーザーは当然、このカメラを支持するだろうが、一般ユーザーにとってはどうなのだろう。すでに次の機種の噂も出ているが、D300と40Dの売れ行きに差が出てくればその時期が早まることはあるのではないか。

|

« キヤノンのEF-S55-250mm F4-5.6 ISは手頃なレンズ | トップページ | 蘭の花芽が伸びてきた »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/17168311

この記事へのトラックバック一覧です: 新発売のニコンD300は暗さに強い:

« キヤノンのEF-S55-250mm F4-5.6 ISは手頃なレンズ | トップページ | 蘭の花芽が伸びてきた »