« ソニーのNW-A919 16GB ウォークマンA を買いたいな | トップページ | 高尾山の紅葉はまだ! »

2007.11.04

キヤノン40Dで運動会を撮影

 先日、運動会の撮影に40Dを使った。使ったレンズはタムロンの18-200。F値は3.5-6.3でそんなに明るくない。このレンズをつけて各種競技の様子を撮影した。なお、この運動会は普通の違って記録会の様なもので、100m、50m、50mハードル、高跳び、幅跳び、400mリレー、大縄という特殊なものだ。

 幅跳びをまず撮影してみた。Av優先で撮影。正面から撮影。ジャンプしている空中の状態をまるで静止しているようにとらえることができる。これは凄い。また、後ろから撮影。これもピントは一発。使いやすい。高跳びでも空中でバーを超えている状態をとらえることができる。ただ、幅跳びより、足の動きが速いようで、そこは静止はしなかった。100mやハードル、リレーなどは思ったよりも難しく、どこにピントを合わせていいのかカメラも考えてしまうようだ。何人も走ってきたり、ハードルがあったりする場合、置きピンの様に事前に設定したポイントで撮影するしかないのかな。大縄ではワイド側で手前にピントを合わせて撮影すれば、奥までピントがあってとらえることができた。ただ、縄は動きが速くTvを設定しないと、とらえきれない。でもそれの方が動きがあっていい。

 今回は、あまり設定をいじらず撮影したが、次回はいろいろ機能を試してみたいと思う。それにしても使いやすいカメラだなと感じた。

|

« ソニーのNW-A919 16GB ウォークマンA を買いたいな | トップページ | 高尾山の紅葉はまだ! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/16968129

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノン40Dで運動会を撮影:

« ソニーのNW-A919 16GB ウォークマンA を買いたいな | トップページ | 高尾山の紅葉はまだ! »