« 昔の遊び10・突き合い | トップページ | 昔の遊び12・2B弾 »

2007.10.27

昔の遊び11・戦艦撃沈(ノートで)

 外が雨の時、学校でよくやった。お互いにノートや切れっ端を用意。それに8ますぐらいの方眼を書く。そして横軸にABC・・・を割り振り、縦軸に123・・・を割り振る。これはどちらでもいい。そして中に戦艦を配置する。船の数はお互いに決めるが、三隻から五隻ぐらいが多かったように思う。

 その配置された戦艦を爆弾を落として沈める遊び。ジャンケンで勝った先行チームが「Aの1」というようにコールする。もし、当たったら「撃沈」、その周囲に自分の戦艦がいたら「大波」とコールする。「大波」をどう読むかがこのゲームの鍵。また、大波がどちらの大波かわからなくするために、味方の船を重なるように配置することも頭の使いどころ。相手の船を全て撃沈したら終了。

 休み時間に、手軽に頭を使って楽しめたので、雨の日はよくやった。電車の中でもやった。バスでは酔うのでやめた。後、配置するのが、戦艦と潜水艦で、潜水艦は大波はなしで直接当たるまでノーヒント、戦艦だけが大波コールでやるパターンもあったと思う。ただ、これは時間がかかるので、あまりやらなかった。

 これも多分ローカルルールがあったと思う。また呼び方も違う言い方があると思う。結構みんながやっていたが、今はどうなのだろう。配置されるものが違うかな。戦艦はあまりにも古いですよね。
 

|

« 昔の遊び10・突き合い | トップページ | 昔の遊び12・2B弾 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昔の遊び10・突き合い | トップページ | 昔の遊び12・2B弾 »