« 昔の遊び12・2B弾 | トップページ | 狛江の寿司処「おお田」は美味しい »

2007.10.28

昔の遊び13・戦争(ノートで)

 ノートや紙の両端に自分の陣地を書く。横に線を引いて、端に本陣を置くだけ。そこに自分の飛行機や大砲を設置。飛行機は横棒二本と縦棒一本。大砲は動けない。飛行機が移動して本陣を射貫けば終了。飛行機の移動は鉛筆を立てておき、その上を指で押さえ、少し斜めにして押す。ノートに鉛筆の線が残る。その線の端が次の異動先。相手の飛行機と接近するとお互いに攻撃しあう。移動か攻撃は宣言して行う。相手の飛行機の一部を線が通れば撃墜。大砲で守られた相手の本陣を攻撃する。

 やってみるとわかるのだが、これは結構面白い。ただ、それなりに時間がかかるのと、鉛筆の芯が折れるときもあるので注意が必要。すぐに休み時間が終わってしまう。適当に暇そうな友だちを見つけて「おい、戦争やろうぜ!」って誘っていた。愛好者はそれなりにいた。力を抜くことが必要で、慣れてくると長い線を書くことができるようになる。意識的に書いてしまう反則行為もあり、その場合はやり直し。

 今の学校で見かけることはないが、教えたら楽しがると思う。それなりに集中力と技術が必要な楽しい遊び。

|

« 昔の遊び12・2B弾 | トップページ | 狛江の寿司処「おお田」は美味しい »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昔の遊び12・2B弾 | トップページ | 狛江の寿司処「おお田」は美味しい »