« キヤノンEOS40Dでカワセミの撮影 | トップページ | PSPの旧バージョンでのFlashソフトの再生 »

2007.10.19

昔の遊び5・ゴム段(いろいろ)

 私は時々女の子と遊んだ。ゴム段は特に楽しかった。「いろいろ」といって始める。女の子たちが「お膝」とか「お腰」、「お肩」などといって、次第に高さを変えていった・・・と思う。記憶が少し遠いのだが、まあそんな感じで言っていたと思う。

 二人の女の子、あるいは一人と木などを使って、ゴム段用の長いゴムを張る。それを足で引っかけるようにして引きずり下ろし超えていく。当時、女の子たちはほとんどスカートで、それを下着に押し込んで、飛び上がっても、みっともなくないよう工夫して遊んでいた。私は彼女たちの技術に驚嘆した覚えがある。私より小さい女の子が肩の高さのゴム段を見事に引っかけて超えていくのだ。

 それにクルッと回転しながら超えたり、下に手をついてから飛んだり、なんか私がとてもできそうにない技を見せてくれた。私はごく単純に、思いっきり足を上げて飛んでいた。それなりに入れてくれてはいたが、何だかお客さんの用に気を遣ってくれたことを覚えている。

 失敗すると持ち手と飛び手が交代する。私にとってはとても楽しい遊びの時間だった。どちらかという技術志向の私は、技があるものは好きだったので、これは体質にあった。

 昔はこのゴム段用のゴムは駄菓子屋などでも売っていたのだが、現在も売っているのだろうか。 

|

« キヤノンEOS40Dでカワセミの撮影 | トップページ | PSPの旧バージョンでのFlashソフトの再生 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キヤノンEOS40Dでカワセミの撮影 | トップページ | PSPの旧バージョンでのFlashソフトの再生 »