« 硬式ラケットで軟式テニスの試合 | トップページ | Free Motion 2はFLASH作成にいいぞ! »

2007.06.17

オフィス設計コンサートで弦楽四重奏曲

 六本木一丁目にある泉ガーデンタワーの34Fにあるオフィス設計という会社が定期的にコンサートをやっている。その券が手に入ったので行ってきた。今月は弦楽四重奏曲だった。演奏は老田美郁(ヴァイオリン)、赤池美礼(第二ヴァイオリン)、高山愛(ヴィオラ)、磯野正明(チェロ)の東京芸大出身の4人組だ。愛の挨拶から始まり、モーツアルトのディヴェルティメントニ長調k.136やボロディンの弦楽四重奏曲第二番ニ長調より第一楽章、再びモーツアルトのアイネ・クライネ・ナハトムジークより第一楽章、サウンドオブミュージックのメドレー、イタリアーナ・シチリアーノ、ドボルザークの弦楽四重奏曲第12番ヘ長調「アメリカ」より第一楽章、その他いくつかの小品を演奏した。約1時間半の演奏。
 私は中学までヴァイオリンをやっていたので、あれだけの演奏をするのにどれだけの練習が積み重ねられているのか、その努力と才能に感心してしまう。他の人と演奏を合わせるのも大変難しい。中学の時、短い期間だが、朝日ジュニアオーケストラという所で弾いていたことがある。この時は、参った。私は楽譜を読むのが苦手なのだ。楽譜を読めないヤツがどうやってオーケストラの中で生き残れるというのか。でもいい勉強になった。
 今回の演奏も徐々に熱を帯び、オフィスが音楽に包まれた。私はチェロの磯野さんの音に感心した。厚さのあるしっかりとした音で、また流麗な流れを作っていて、全体をしっかり支えていた。司会も上手でしたよ。
 オフィス設計という会社が、社会還元のためなのか、あるいは若き演奏家を助けるためなのか、このような活動をやっていることに感心した。これからも楽しみにしている。ただ、当日の演奏者のパンフレットがあると嬉しい。演奏と共に、この34階からの東京の景色は大変美しく、楽しいひとときを過ごすことができた。Dvc00038

|

« 硬式ラケットで軟式テニスの試合 | トップページ | Free Motion 2はFLASH作成にいいぞ! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/15467377

この記事へのトラックバック一覧です: オフィス設計コンサートで弦楽四重奏曲:

« 硬式ラケットで軟式テニスの試合 | トップページ | Free Motion 2はFLASH作成にいいぞ! »