« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の記事

2007.06.30

マピオンのキョリ測は便利

 昨日、22年間続いている研究会でとても便利なソフトが紹介された。地図ソフトで有名なマピオン。そこから入れる「キョリ測」だ。まだベータ版だが、なかなか面白い。自由が丘のところを例に実際に操作してみるとその特徴がわかると思う。
 左ボタンをクリックするとピンが打たれる。道に沿ってポイントを打っていく。そのポイント毎に始めのピンからの距離が表示される。そして消費カロリーも・・・。
 昨年の6月1日から始まったものだが、まだベータ版のままなのはなぜかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.28

日本語版YouTubeが始まった

 日本語版YouTubeが6月19日に始まった。英語版に比べて分かりやすいのは当然だが、動画のことゆえ、あまり違いは感じられない。検索も日本語で行った場合は出てくる数が少ない。英語でやれば沢山出てくるのに・・・。日本語化の利点って何かあるのかな。まあ、子どもたちには助かることは確かだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.25

FMV BIBLO MG70Wがいいな

 私の使っているノートパソコンが結構古くなり、使いづらくなってきた。富士通のFMV-BIBLO MG13だ。これは重さが2kg程度で、何とか持ち運べる。私のリュックに毎日入れられている。ただ、それなりに落下していて、USB端子も一つはつぶれている。ただ、OSはXPのプロフェッショナルが入れてあり、動作は安定している。ウイルコムの25時間と組合せ使っている。
 画面は時々液晶が消えてしまうが・・・。これは接触に問題があるようだ。フタを開け閉めするとまた見えるようになる。一度メーカーに出して修理したのだけれど、完全には治らなかった。
 さて、今回のFMV BIBLO MG70Wは重さが1.7kg程度で、セントリーノ、そしてギガLAN、バッテリー駆動が7時間も持つ。これはいい。私が必要なIEEEとUSB端子も3つある。これとイー・モバイルのUSBのデータ通信と組み合わせると、結構日常的に便利かもしれない。
 今日のヨドバシだと19万円台に下がっていたが、現物が切れていた。昨日、よく売れたのだろう。今、人気商品といっていた。そうでしょうね。値段と性能、ソフトの内容を入れると、最もバランスが取れていると思う。購入候補ですね。さて、これもいつ買うかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XactiのDMX-CA65は魅力的

 三洋電機のザクティの新型MPEGムービーカメラ、XactiのDMX-CA65は防水の1.5mを始めから持っている。水中に入れて撮影ができる。魚とか水生昆虫などもそのまま撮れるのは嬉しい。また、急な雨とか、霧の中での撮影にも対応できる。映像はそれなりに美しい。暗いところでの撮影もできる。しかも値段はヨドバシで54800円、ただし、ネットでは。店頭では59800円だった。5000円も違うのはなぜだろう。わざわざ出かけた人が損する値段設定って良心的ではない。それとも人件費がかかる店頭の方がいつも高い値段設定になっているのかな。今まで、比較する事はなかったのだけれど、調べてから行くことにしよう。
 欠点はH264動画が編集しにくいことと、バッテリーの持ちの悪さ。電池の最高峰の技術を持つ三洋がどうしてかな。良いバッテリーをつけて欲しいな。
 価格コムで登録店を調べてみたら、最安値で45000円程度。ヨドバシは15%のポイントがつくから46580円。これなら、危険な店で買うよりいいかな。もう一つ気になったのは、急速な値崩れ。グラフの落ち方が結構凄い。私が使うのは夏休み。もう少し待っているとさらに安くなりそうだ。ライバルは同じメーカーのハイビジョン型。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.24

アイスクリームのラ・リューシュは美味しかった!

 私はアイスも好きだ。子どものころ、近くに住んでいた米軍の軍人に連れて行ってもらって、基地の中でアメリカのアイスクリームをおごってもらった。それはそれはトロッとして脂肪分が多い忘れることのできない味だった。それはやはりアメリカ文化の一つの象徴だった。
 次第に日本のアイスも質が良くなり、美味しいアイスを食べても当時の感動はなくなっていた。ところが、ここラ・リューシュのアイスを食べてみたら、久しぶりに昔の感動を思い出した。特にその日に作ったものを売るという清い姿勢にもひかれた。6月14日に開いていたのはわかっていたのだが、なかなか買いに行けず、ようやく今日店にいくことができた。シトロンと梅のハーフ&ハーフを食べた。この酸味系がいい。レモンと梅の両方を同時に食べるとさらに美味しい。おみやげに、5種類のカップを買ってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「麺矢 龍王」は美味しい!

私はラーメンも好きだ。でも、オーソドックスなラーメンが好きで、あまりグチャグチャにしたものはどうも・・・。今回は仲間にカレーラーメンを食べに行こうと誘われて、自由が丘の「麺矢 龍王」に行ってきた。丁度雨で客は少ない。カレーラーメンも食べたかったが、龍王スペシャルというのを食べてみた。チャーシューが4枚、味玉が1.5個、ノリが4枚、それに太めの麺とあっさりしたスープ。豚骨だそうだが、あまりギトギトしていない。メンマやネギも調度良い。味玉は少し塩辛い。麺は美味しい。カレーラーメンの仲間も美味しそうに食べていた。私はこれに餃子を頼んだが、これも小ぶりでパリッと焼けていて美味しい。スペシャルが1100円。餃子が400円。1500円の昼食だった。休みの日だったらこれにビールが合うのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.23

イー・モバイルの半定額制料金プランはどうかな

 私は携帯はドコモだが、パソコンでネットに接続するときはウイルコムのW-ZERO3を使っている。ネット25でパソコンと接続して、全国エリアで使えるのがいい。でも、まだ遅い。
 イー・モバイルは早い。下りで最高3.6メガ。しかもパソコンとの接続時でも定額。2007年7月1日から「ライトデータプラン」を提供する。これは月額3480円で17MB(約14万パケット)まで無料で利用できるプランだそうだが、17MBを超えた場合には、0.0105円/パケットが従量課金で追加される形。
 上限は6480円(約52MB相当)で、それ以上の加算はないとのこと。1年間の継続利用契約「年とく割」を適用すれば、月額料金は2480円で、上限金額は5480円になるようだ。今までの契約だと4980円か5980円(基本使用料に二通り)なので、この値段設定はどうなのだろうか。また7月の料金は無料にするサービスも行うようだ。
 1ヶ月で5万ユーザ-を確保したところで、年30万ユーザーを確保する予定としてはまあまあの様だ。 端末はデーターカードがEM・ONEを3倍程度上回っているとのこと。
 既存のキャリア各会社も、パソコンとのつなぎ放題を検討しているらしいので、もう少し様子を見てみようかと思っている。とにかくイー・モバイルが健闘し、既成キャリアを変える原動力になることを願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カタツムリからサフィニアを守る

 毎年、サフィニアを育てている。今は満開!色合いの貧しいベランダを豊かにしてくれる。しかし、しばらくすると次第に葉に勢いがなくなってくる。肥料切れではない。原因はカタツムリなのだ。あのザラザラとした舌で、コケと同様に舐め上げる。その結果、葉っぱは茶色く枯れてしまうし、新芽はでなくなる。
 ほかの植物も時々被害に遭うが、特にサフィニアは壊滅的な打撃で本当に対策に手を焼いていた。昨年、カタツムリの薬を始めて導入した。しかし、それは一種の農薬で、手で触らないようにと説明に書いてあった。カタツムリを退治することはできるが、毒を蒔かなくてはならない後ろめたさも感じていた。
 今年は、「ニューナメトール」という名前のナメクジ、カタツムリ駆除剤を購入した。成分はリン酸鉄で、自然界に存在する成分。しかも地中の微生物により徐々に分解されていく。これだったら土壌の汚染は防げる。早速まいてみた。
 一回目は、まだカタツムリがほとんどいないため、効果があまりわからない。でもいつも出てくる時期になっても出てこない。サフィニアは元気に咲き誇っていた。効果有りですね。ところが、一ヶ月ぐらいすると、一つのプランターの勢いがなくなってきた。葉を持ち上げて調べてみたら、大きいのと生まれたての2匹を発見。この小さいのがいるということは、まだ他にもいる。白い小さな卵が土中に産み付けられている。また追加をまいてみた。他のプランターにもいる可能性が高いので予備的にまいてみた。
 さて、この効果の程は・・・。
 この薬はハイポネックスジャパンがドイツの会社のライセンスを取って生産しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.22

Free Motion 2はFLASH作成にいいぞ!

 パソコンや携帯で動画やアニメーション、それにインタラクティブなソフトを作成するのにいつも使っているFLASHは大きさを変えても画面が全く崩れず、大変便利。簡単な写真アニメや粘土を使ったクレイアニメもすぐに作れる。
 そんな便利なソフトなんだが、アドビの製品はいつもとんでもない値段をつける。現在、FLASHソフトを買おうとするとFlash CS3 Professional 特別提供版 日本語 Windows で¥52,500 !アップグレードでも39900円!FLASH8でもほとんど同じ値段。最も安いFLASHBasicでさえ、26250円!(全てヨドバシ価格)
 だから一般のユーザーに使われなくなってきているのだ。解説本も少なくなった。それはそうだろう。アカデミックでさえ33600円もするのだ!アドビは確かに素晴らしいソフトを作る。でも、高性能のハードと高収入を要求する。専門家のためのソフトにしてしまう。FLASHの本来のユーザー層はもっと若い人たちのはずだ。制作会社だったマクロメディアがアドビに買収された時、悪い予感がしたが、やっぱりそうで、すぐに値段が上がった。これからも安くなることはないのだろう。
 そんなとき、このFree Motion 2は安い!ダウンロード版で5980円なのだ。パッケージ版で9800円。そしてアップグレードのパッケージ版で6980円。このソフトさえあれば通常のFLASHソフトは作成できる。アクションスクリプトも使える。またアニメーションの作成も容易。これはFLASHソフトの解析もできるので、プログラムを勉強するのにもいい。今回はかなり機能が上がり、FLASHソフトを作成するのに必要な機能はほぼ満たしている。ただ、携帯用のFLASHLiteに対応しているかどうかはわからない。調べてみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.17

オフィス設計コンサートで弦楽四重奏曲

 六本木一丁目にある泉ガーデンタワーの34Fにあるオフィス設計という会社が定期的にコンサートをやっている。その券が手に入ったので行ってきた。今月は弦楽四重奏曲だった。演奏は老田美郁(ヴァイオリン)、赤池美礼(第二ヴァイオリン)、高山愛(ヴィオラ)、磯野正明(チェロ)の東京芸大出身の4人組だ。愛の挨拶から始まり、モーツアルトのディヴェルティメントニ長調k.136やボロディンの弦楽四重奏曲第二番ニ長調より第一楽章、再びモーツアルトのアイネ・クライネ・ナハトムジークより第一楽章、サウンドオブミュージックのメドレー、イタリアーナ・シチリアーノ、ドボルザークの弦楽四重奏曲第12番ヘ長調「アメリカ」より第一楽章、その他いくつかの小品を演奏した。約1時間半の演奏。
 私は中学までヴァイオリンをやっていたので、あれだけの演奏をするのにどれだけの練習が積み重ねられているのか、その努力と才能に感心してしまう。他の人と演奏を合わせるのも大変難しい。中学の時、短い期間だが、朝日ジュニアオーケストラという所で弾いていたことがある。この時は、参った。私は楽譜を読むのが苦手なのだ。楽譜を読めないヤツがどうやってオーケストラの中で生き残れるというのか。でもいい勉強になった。
 今回の演奏も徐々に熱を帯び、オフィスが音楽に包まれた。私はチェロの磯野さんの音に感心した。厚さのあるしっかりとした音で、また流麗な流れを作っていて、全体をしっかり支えていた。司会も上手でしたよ。
 オフィス設計という会社が、社会還元のためなのか、あるいは若き演奏家を助けるためなのか、このような活動をやっていることに感心した。これからも楽しみにしている。ただ、当日の演奏者のパンフレットがあると嬉しい。演奏と共に、この34階からの東京の景色は大変美しく、楽しいひとときを過ごすことができた。Dvc00038

| | コメント (0) | トラックバック (0)

硬式ラケットで軟式テニスの試合

 今日は職場のテニスの試合。練習はこの2週間で3回程度。それも短時間。完全な練習不足。また、今回のチームの中には軟式テニスを始めて2週間という人もいる状態。しかし、今年始めてやったという人が予想していた以上に健闘。思わぬ勝利を収めた。
 最も強いチームにも一矢を報いるしぶとさを発揮し、5チーム中、2位に入って、決勝大会に進むことができた。決して私たちが強い訳ではないが、でも弱くもなかったと言うことだ。次の試合では、今日出られなかったメンバーも参加する。少しは頑張れるかな。
 私が使ったラケットは硬式用のフレームもグリップもボロボロで、長さも超短いという最悪のラケット。でも、それがとても使いやすかった。軟式用は痛めている肘に強い負担がくる。この硬式用だと、あまりひびかない。また短いため、私の得意な卓球のラケットの様に扱え、コントロールがしやすい。次の試合もこれで行こう。ボロボロラケット、ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.16

自由が丘のラ・リューシュ開店!

 自由が丘のアイスクリーム専門店、「ラ・リューシュ」が14日に開店した。いつも、この6月から9月までの季節限定の店だ。ここが開いているときはできるだけ、食べに行きたい。本当に美味しいお店だ。田園調布の駅にほど近いレピドールという喫茶、ケーキの店がやっている。なぜ、季節限定なのかわからないくらい固定ファンがいる。ここは自由が丘からだけでなく、車で買いに来る人も多い。ただ、駐車場はない。
 私はここの果物系やチョコレート系、そして梅なども好きだが、毎回いろいろ試している。皆さんは何が好きですか?ワイワイマップの自由が丘グルメサイトもご覧ください。場所がわかります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.10

植物はどのように生きているのか

 植物は光からエネルギーを作り出すために、光合成を行っている。「水+二酸化炭素+光」から「有機物(糖)+酸素」を作りだしているのだ。光合成は「光のエネルギーからエネルギー源(ATP)と還元力(NADPH)を作る光化学反応」と、「ATPとNADPHを使って二酸化炭素を固定する炭酸固定反応」に分けられる。炭酸固定反応では、二酸化炭素が生物が使える有機物の形に固定するそうだ。
 一時、地球の大気のほとんどが二酸化炭素だった。95%はあったと言われている。この世界に、二酸化炭素を有効に利用する原核生物が誕生した。
 また、水は糖を作るためには不可欠な水素の供給源として必要だった。植物はこの能力を取り込んで、自らに光をエネルギーに変換する力を作り上げた。生産された炭水化物(ブドウ糖C6H12O6)は、エネルギーとして使われる。余った分はショ糖の形で運ばれ、酵素で還元され澱粉にかわり、保存される。
 また植物や動物の細胞に数多く存在するミトコンドリア。これは糖や脂肪などをATP(アデノシン三リン酸)に買える働きをしている。その際に酸素を多く取り込んで還元作用をしている。呼吸しているわけだ。ミトコンドリアは細胞のエンジンと言われ、これがうまく働かなくなると大変。病気になることもある。もともと別の生物だったという説が有力。
 人間や動物は二酸化炭素を取り込んだり、光をエネルギーに変えることはできない。ラン藻類やミトコンドリアの出現がなければ、今頃人類は・・・。しかし、それにしても驚くべき仕組み。まだまだ、調べてみる必要がある課題。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.09

吉祥寺・シャポールージュのコースは美味しい!

 夕方、吉祥寺に買い物に行った。ゆざわやでトンボ玉用のガラスのロッドを買った。先日、ハンズで少し高めの棒を買ったので、今回は安い方を買いに行った。グラム315円。これは安い。これからはここで買おう。
 その後、啓文堂でいろいろ本を見た後、食事をするところを探した。前に来たシャポールージュに決めた。東急の裏にある。煉瓦作りの落ち着いた作り。織田廣喜画伯の絵がたくさん掛けられている。クラッシックが流れる落ち着いた雰囲気の店だ。ここは洋食をリーズナブルな値段で食べられるお店で、中でもフルコースはお勧め。「海の幸のオードブル、カボチャのスープ、有頭海老と帆立バジルソース、ビーフシチュー、ライスかパン、オレンジソースのババロア、コーヒー」。これで、 3675円だ。私は結構大食漢なのだが、ここは本当に満足できる。ビールは生が置いてあったらさらに良いが、ワインもグラスで350円と安い。
 吉祥寺に寄ったらここはチェックするといいですよ。なお、最近は有名になっていて、ランチや週末は混むようだ。なお、グルメサイトでは結構厳しい採点だが、やはり料理は自分で確かめた方がいいと思う。好みだから・・・。後、採点をしている人は一品だけ頼んで、評価している人が多いようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスとの戦い-野菜を守れ!

 職場で野菜を作っている。今年はよく育っていて、ジャガイモはとても良い感じ。またキュウリも病気に強い品種を購入したため、結構見事なものができた。また、ナスやトマト、ピーマンも大きくなってきた。スイカやカボチャ、ピーナッツや枝豆、ワイルドストロベリーも育ててみた。
 ところが、今日水やりに行ってみたら、カラスの大群!見事にキュウリがもぎ取られていた。またナスも無惨にバラバラになっていた。そして緑のままのトマトも引きちぎられていた。カラスがいつの間にがベジタリアンになっていたなんて・・・。
 しばらくそこにいて作業をしていてもカラスは逃げない。私の動きを見ながら周囲の屋根や電線、そして木の上から様子を見ている。私がいなくなるのをまっている。私も人間。防衛策を考えてみた。
 まわりに棒を立てて、そこにスズランテープを張り巡らせた。プランターを守るためには、周りの柵に棒を水平に寝かせてそれにスズランテープを張り、侵入しにくい状況を作った。どちらも風が吹くとサワサワ音がする。また風になびいて動きがある。また色はオレンジで確かカラスが苦手な黄色に似ている。さらに、そこに水をまいた。テープに水玉がつく。まあ、数十分で効果は無くなるだろうが、とりあえず私がいなくなってすぐに来ることはないだろう。これから、カボチャやナス、トマトは大きくなってくる。さて、この攻防戦の勝敗は?
Dvc00035

| | コメント (4) | トラックバック (1)

揚げプリンで有名な「ke:miyu」で買えた!

 私はプリンが好きだ。自分でも時々作る。でも、そんなに丁寧に、良い材料で作るわけではないので、そこそこの美味しさ。でも、市販のプリンよりはマシかな。今回は、自由が丘、というより九品仏のプリン専門店の「ke:miyu」でプリンを買ってきた。今までも何回かおみやげで食べたことがあるが、いつも混んでいて買えない。今日も、一度目に通ったときには、車が数多く止まっていて人が外にまで溢れている。今日もダメかなと思っていて、その場はあきらめた。
 帰り道、ダメかなと思いながらでも確認してみようと行ってみたら、お客がたった一人しかいない。チャンス!すぐに店に飛び込んだ。私の前の客の応対を店員さんがしている間に、私の後ろにまた長い列。運がいい!
 ようやく、自分で買える!店にあった全部の種類を注文した。もちろん、揚げプリン、ke:miyuプリン、贅沢プリン、焼きプリン、白プリン、そして季節限定の抹茶プリンだ。
 帰って写真撮影。そして食べてみた。揚げプリンはカラメルをかけてから食べる。電子レンジに入れずに食べてみた。少し時間がたっていたので外側が少しヤワになってしまっていた。その場で食べるべきだった。
 焼きプリンを続けて食べてみた。素朴で自然な味。美味しい。そんなこといったら怒られるかもしれないが、自分で作ったときに似ている。カルメラは焦がし気味で大人の味。このプリンに良く合う。この店、このカルメラが一つの特徴だ。
 他のプリンは、名古屋コーチン100%の贅沢プリンと生クリームと牛乳、卵抜きで作った白プリン、ハーフ&ハーフのke:miyuプリン、そして季節限定の抹茶プリンがある。本命の贅沢プリンをきちんと味わってみたい。楽しみだな。さて、お味は・・・・。
 この店の店員さんのブログも面白い。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

Pentium Dual-Coreが出た!

 ペンティアムはもうこのまま終わっていくのかと思っていたら、Pentium Dual-Coreが6月3日に出た。いまさら何でペンティアムなのかと思ったら、海外ではまだペンティアムブランドが強力で、メインのCPUとして認知されているのだそうだ。そこで、このブランド名をつけて発売したそうだ。実際、中身はCore2Duoと同じものだ。Pentium Dual-Coreは、E2160(1.80GHz)、E2140(1.60GHz)の2種類が今回発売されたものだが、今までのCore2 Duoの最下位であるE6300は1.86GHz。キャッシュも半分の1MBだ。
 ということで、ペンティアムの皮をかぶったCore2Duoという製品だ。CPUIDは「6F2」で,Core 2 Duo E4000番台と同じだったそうだ。性能は、オーバークロックすればそれなりの性能を発揮するが、そのままだったら、そこそこのようだ。ペンティアムDよりは性能はいいし、電力は食わない。Athlon 64 X2 4200+の値段の安さと比べると、性能では抜かれているだけあってどのくらい売れるか微妙だ。値段は現在1万2千円程度だが、1万円を割るようだったら採用する業者も増えるだろう。とりあえず、マウスコンピュータから新製品が発売された。PCWatchのニュースではその紹介がされている。
 私もそろそろ買おうかと思っているのだが、このCPUは値段から考えると候補の一つだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.02

クリソトキサムが咲いた

念願のクリソトキサムが、本当に久しぶりに咲いた。多分、二十年ぶりぐらいだ。ということは、購入した年以来かもしれない。もしかしたら、一度ぐらい途中で咲いたかもしれないが、まあ、それくらい久しぶりだということだ。私は黄色の花が好きなので、世界らん展に始めていったときに購入した。その時買った二つの株は一つはデンドロの黄色いやつ(名前は忘れた)とこのクリソトキサムだ。残念ながら、デンドロ系は数年前に枯れてしまった。今回も、危うかった。花芽が伸びた後、次第に先端から枯れ始めた。小さくなって、しぼんでいってしまったのだ。残ったのは二つ。それが昨日咲いた。ネットの中でもいろいろ言われているが、とにかく何とか生き残ってくれて嬉しい。今回は、タムロンの90mmマクロで撮影した一枚を紹介する。綺麗でしょう!(クリストキサムとしたが、クリソトキサムの間違いでした)Simg_2227

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »