« 安房小湊で野生の猿とクロサギ | トップページ | 大多喜町の「郷土料理たけのこ」は美味しい! »

2007.04.01

波の伊八はすごい!

 最近話題になっている波の伊八と呼ばれる江戸時代の彫刻師の作品を見てきた。全てではないが、鴨川博物館で伊八展をやっていたのでだいたい全貌がつかめた。また、バスツアーが組まれていることもわかった。行元寺の客殿欄間「波と宝珠」は、同世代の葛飾北斎の「富嶽三六景」の代表作、「神奈川沖浪裏」に強く影響を与えたといわれている。確かに似ている。幾つかの神社や仏閣に行って、実物を見てきた。私は初代の作品がある石堂寺に行ってきた。なかなかのもので、彼の作品が江戸を通じてはやったわけがわかるような気がした。
 杉並の妙法寺や葛飾区の帝釈天も伊八の作品だそうだ。ただ、伊八は一人ではなく、5代まで続いている。また同時代の職人たちも存在している。欄間の彫刻、かなり素晴らしいいので、これからは注目して撮影していこうと思った。Simg_1209

|

« 安房小湊で野生の猿とクロサギ | トップページ | 大多喜町の「郷土料理たけのこ」は美味しい! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/14489914

この記事へのトラックバック一覧です: 波の伊八はすごい!:

« 安房小湊で野生の猿とクロサギ | トップページ | 大多喜町の「郷土料理たけのこ」は美味しい! »