« 今日はお芝居を見に行きます | トップページ | ココログにQRコードをつけてみました »

2007.03.23

「往生際の悪い人たち」を見て

 The東京ピチピチボーイズの公演、「往生際の悪い人たち」を見てきた。いつものことだが、スピーディで笑いとペーソス、そして素直な表現でとても楽しかった。今回の主役を張った星野卓誠(ほしのたかのぶ)君は小学校のころから知っている。息子の良き友達で、今でもつき合いがあるようだ。私たちもいつも応援しているが、応援だけでなく生活の中の楽しみのような感じになっている。あんまり深刻にならず、適度に楽しめる内容が中心で見て良かったという感じになる。星野君は、独特の味で気の弱い青年を好演していた。

 さて、今回は自分としての意見をまとめてみた。決して私の感じ方が絶対だとも役に立つとも思えないが、一つの感じ方の例として書き込むことにする。
・今回のストーリーは真ん中あたりまで、とても良かったのだが、後半少し長く、言葉で説明しすぎの感じがした。小説の読み聞かせのような感じ。台本作成は難しいものですね。本当にちょっとしたことで、感じ方が変わってしまうのだから。
・自殺を安易にする人たちの問題点を指摘するストーリーは共感できる。生きたくても生きられない人たちがいることを本当に知って欲しい。その上であなたは死を選ぶのですかという問いは私もいつも感じていること。ただ、内容や主張が道徳的すぎるかも。もう少し肩の力を抜いて、笑い飛ばすくらいで丁度いいのでは。
・友達というポーズは最後の射殺される場面で生きてくるのだが、観客の読みの通り撃たれてしまうので少し恥ずかしい。
・言葉が少し聞き取りにくかった。早すぎたり、はっきり口が開いていないため。また、タイミングが少しずれる場面があったが、最終日に向けて調節を!
・主役の星野君の剽軽で恥ずかしがり屋の感じが良く生きていた。また、警察官も良かったですね。ゲストもかっこよかったですよ。ああ、忘れてた。ピンクレディも良かった。唄は別にして、よく振りを覚えましたね。

 さて、次の公演が楽しみだ。

|

« 今日はお芝居を見に行きます | トップページ | ココログにQRコードをつけてみました »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/14355896

この記事へのトラックバック一覧です: 「往生際の悪い人たち」を見て:

« 今日はお芝居を見に行きます | トップページ | ココログにQRコードをつけてみました »