« 記憶と思考 | トップページ | CAMEDIA SP-550UZが発売 »

2007.03.03

世界らん展に行ってきました

 東京ドームで行われている世界らん展に行ってきました。当日券を水道橋の駅で一人2000円で買い、ほとんど待たずに入場。中もそんなに混んでいません。45万人の入場者があると言われますが、今日も数万人は板と思います。でも写真を撮るときも人垣をかき分けてというわけではありません。少し待てば撮影できます。
 蘭そのものは約3000種、全部で10万株あるそうです。私個人では派手なものより、小さい物が好きで、少しずつ買っています。昨年は沖縄のお店で胡蝶蘭のミニを二鉢購入して2ヶ月以上楽しみました。今年、それには花芽が伸びていて、後1ヶ月ぐらいしたら咲きそうです。今年はミニのパフィオポコスという必ず来年また咲くというミニのデンドロの一種、それにセロジネの白を購入してきました。合計で4000円程度という極安の値段です。セッコクも可愛かったのですが、まあ今年はこのくらいにしておきましょう。明日は最終日。品物も投げ売り状態になります。今日もミニの胡蝶蘭が二鉢で1000円で売られていました。これで2ヶ月は楽しめるのだから皆さんもどうですか。
 

|

« 記憶と思考 | トップページ | CAMEDIA SP-550UZが発売 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

 20年以上前の世界らん展で購入したクリソトキサムという原種に近い蘭を育てています。黄色い可愛い花を咲かせます。最近はちっとも咲きませんが。アグレガタムというのも黄色で可愛い花が房状に咲きます。これは昨年、残念ながら枯死してしまいましたが。原種ならではのシンプルな良さがありますよね。

投稿: take | 2007.03.12 00:22

BSの世界ラン展、見ました!主人の両親の家には小さな温室があって、所狭しと蘭が置いてあります。
義母が好きなのです。私は、大きい蘭より小さい蘭が好きです。小さな人形が踊っているみたいに見えることがあって楽しいですね。

投稿: きなころ | 2007.03.11 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 記憶と思考 | トップページ | CAMEDIA SP-550UZが発売 »