« 世界らん展に行ってきました | トップページ | セカンドライフが紹介された »

2007.03.03

CAMEDIA SP-550UZが発売

 光学18倍の性能を持つCAMEDIA SP-550UZが発売された。鳥を撮影するのにこれはいいかなと思い、調べてみた。ファインズーム(300万画素相当)だと27倍まで撮れるそうだ。広角28mmから超望遠504mmまでということだが、さらに手振れ補正やマクロ、秒15コマの連写もある。とんでもない機能が付属している。価格.comでもみんなの注目をあびている。ただ、書き込みの内容や実際の画像データはそんなに評価が高いわけではない。花の写真もくっきり感がない。ただ、この超望遠がこの小ささでで手に入るのは凄い。レンズの明るさはF2.8(W)/F4.5(T)だから、結構くらい場所にいることが多い鳥には向いているかも知れない。もう少し皆さんの評価や実物をさわってみてから購入を検討しよう。

|

« 世界らん展に行ってきました | トップページ | セカンドライフが紹介された »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界らん展に行ってきました | トップページ | セカンドライフが紹介された »