« W-ZERO3とIMSV-841カードでプレゼン | トップページ | サーカスを聞いてきました »

2007.02.08

108インチの液晶黒板

 シャープがアクオスの108インチ液晶を夏に発売するとのこと。水平1920×垂直1080画素の画素数で、画面サイズは横2386×縦1344mm、対角は2738mmとのこと。現在の黒板に比べると幅が小さい。でも、これをタッチパネルにして使うことを考えているそうだ。会社や大学、予備校、塾などで利用するのにいいのではないかという提案だ。
 今までプロジェクタなどを使っていたわけだが、実際の使い勝手としては、こちらの方が有利だろう。例えば、電源コードに足を引っかけてプロジェクタを壊すことはない。またタッチパネルだから、チョークがいらない。
 問題は値段だ。松下の103インチプラズマ、TH-103PZ600で600万円程度とのことなので、液晶の方はそれよりは安いのではないか。300万円程度という予想もある。
 またプラズマの消費電力は1450Wだそうなので、液晶の方はもう少し少ないのではないだろうか。ということで、7月あたりに出てくるこの製品を楽しみにしていよう。

|

« W-ZERO3とIMSV-841カードでプレゼン | トップページ | サーカスを聞いてきました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« W-ZERO3とIMSV-841カードでプレゼン | トップページ | サーカスを聞いてきました »