« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の記事

2007.02.27

オフィス2007は高い!

 最新のオフィス2007の値段を聞いてビックリ。OfficePersonal2007winが47040円。これはパワーポイントが付いていないバージョンだ。Office Standard 2007 Win(パワーポイントがついているバージョン)が55440円。パブリッシャーやアクセスが付いているOffice Professional 2007 Win は何と62790円とのこと。
 確かに今回は大きな変化があり、機能が高まったかも知れない。しかし、この値段では無料のオープンオフィスやGoogle Docs & Spreadsheetsにかなわないのではないか。最初から入ってる新型パソコンの人はいいが、新しく自分で購入する人は二の足を踏むのではないか。
 操作や互換性が云々されるこのソフトは、OSと共に、マイクロソフトの終焉を迎えるものになるのかもしれない。

| | コメント (0)

2007.02.25

杉並区立郷土博物館はお散歩コース

 杉並区立郷土博物館は善福寺川のほとりにある。松の木小学校の裏側だ。囲炉裏ばたでお茶が飲める古民家も残る小さな博物館。今回はおひな様の特集。古くから地域に残るおひな様が展示されていた。また常設展示で、杉並の歴史がわかるよう大きな特徴がまとめられていた。小学生がたった一人、ずっと調べていた。他は、地域のお年寄りがほとんど。
 内容はまとまっていて見やすい。でも、できたら常設展示をさらに充実させて欲しい。私は説明を全て読んだが11時間もかからないうちに、すぐに終わってしまった。展示施設をもう少し大きくして、杉並の長い歴史と伝統をしっかりと展示して欲しい。私は各地の博物館をよく回っているが、この人口でこの施設は本当に寂しい。ここに関わっている人たちが熱心に活動しているだけに、惜しい。
 ここの地図をブログパーツの「お散歩マニア」で表示してみる。


ブログに貼る地図『お散歩マニア』

| | コメント (0)

世界らん展2007が始まった

 世界らん展2007が始まった。期間は2月24日から3月4日(日)まで。時間は午前10時00分から午後6時30分(入場は午後5時30分まで)だ。最終日は8時までやっている。
 昨年は沖縄のショップで胡蝶蘭を購入してきた。3ヶ月も楽しんだ。その上、今年も花芽が伸びている。多分、3月中に咲くだろう。とてもコストパフォーマンスがいいので今年も買いに行こう。
 自分の好みとしては野生の蘭が好きなので、どちらかというとらん展の丁寧に育てられた花々とは傾向が違う。でも皆さんの長い努力の結晶としての作品が展示されているので、やはり見に行きたい。今日はNHKのBSでやっていた番組で楽しんだが、やはり東京ドームに行こう!

| | コメント (0)

Yahoo!からグルメのブログパーツ

最近、様々なブログパーツが出てきている。先日はビデオレビューを貼り付けてみた。今回はマップと店の情報を合わせたパーツだ。Yahooから出たブログパーツ。Yahoo!グルメパーツという。これはリンクを貼っているたけ@調布でも使われている。これ以外にもgoogleなどの地図もパーツで取り入れることができるようだ。様々なブログパーツを調べてみようと思う。
 さて、この間行っておいしかった「だいこんや」の情報をこのブログパーツで書き込んでみようと思う。和食の店としてはとても雰囲気がいいと思う。味もいい。口コミではいろいろ意見があるが、値段とおいしさのバランスはとてもいいと私は思う。

自由ケ丘だいこんや [ 懐石、割ぽう ] - Yahoo!グルメ


| | コメント (0)

2007.02.24

イー・モバイルのサービス発表会は面白かった

 イー・モバイルの2月19日のサービス発表会の内容がストリーミングで配信されている。代表取締役会長兼CEO 千本 倖生氏の発表がとても面白かった。言葉に力がこもっていて、新しい事業への意気込みが感じられた。仕事を受け身でやらされているのではなく、いかにも自分で時代を切り開こうとしている人の勢いがあった。
 私たちにもその力が欲しい。いつでもそうだが、仕事はやらされているときはつまらない。自分からその意義や価値を見いだして動き出したとき、パワーが生まれる。この新しい携帯端末、EM・ONEには、時代に挑戦するメッセージが込められている。ただ、利用料金はソフトバンクの攻勢に耐えられる値段だとは思わない。パソコン接続にも使えるというサービスの内容は素晴らしいし、シャープ製の端末も素晴らしい。でも、まだ高い。5000円を切る値段だったら良かったのに。
 シャープの代表取締役副社長 松本 雅史氏の話も裏話を含み面白かった。千本氏と4人の仲間たちの意欲は凄かったんだとわかる話をしてくれた。多分、少し迷惑だったんだろう。
 マイクロソフトの代表執行役社長 ダレン ヒューストン氏も遅れるかも知れなかった800x480の大きさに合わせたWindowsCEの開発を頑張って発表に間に合わせた話をしていた。
 それにしても、会社の新製品の発表のプレゼンテーション画面はあんなものなのだろうか。とてもシンプルだった。意識的に単純化したのかな。
 しかし、報道と同じ画面を私たち一般が見ることができるなんて、素晴らしい。イー・モバイルはこれからも一般の人たちのために情報を提供し、通信の世界をリードしていって欲しいものだ。

| | コメント (2)

パソコン時代の終わりの始まり

 私たちの若かりし頃には、パーソナルコンピュータが時代の先端だった。マイコンという名前も何だか自分のものになる喜びにつながっていた。だからその道具を手に入れてプログラムを作ることができるようになったときは、とっても誇らしかった。
 現在は、それが携帯にかわりつつある。時代の先端はパソコンではなく、携帯なのだ。20代はすでにパソコンからネットに接続するのではなく、携帯からの接続が上回っている。何をやるにも携帯端末でできるようになっている。コンサートの申込、入場券の代わり、音楽配信、携帯小説、動画やテレビの視聴、本の購入、コンビニでの支払い、定期券の代わり・・・。そう、個人認証の代わりとしても役割を果たしている。
 携帯端末はパソコンの機能をほとんど備えている。オフィスの機能もすでに持っている。最近、AV出力の機能を持った携帯端末が多くなってきたのも、これらをプロジェクタに接続して利用しようという人たちからの希望が多かったからに違いない。
 今回、W-ZERO3でプロジェクタに接続して使用してみたが、さらに高速なイー・モバイルからのEM・ONEが出てくる。4月からは3メガを越える速度でネットに接続できるわけだ。5980円で使いたい放題。しかも画面は800x480でキーボード付属。プロジェクタにも接続できる。ワンセグも付いている。本当にびっくりしてしまう。パソコンの小型化した携帯端末だ。
 ネットに接続した携帯電話というコンセプト。多分、接続したまんまの端末になるんではないかな。もう電話をかけるのではなく、常時接続の携帯電話。しかし、私が生きている間に二つの大変革を経験できるなんて、運がいい・・・のかな?                                                 

| | コメント (0)

Google Apps法人向け有料版発売

 23日にGoogle Appsの法人向けのサービスを始めた。1アカウント、6300円だそうだ。ネット上のオフィスキラーソフトであるGoogle Docs & SpreadsheetsやメールソフトのGmail、Google Calendar、Google Talk、Google Page Creator、Start Pageなど、googleの各種ソフトがパッケージ化されている。それに管理ツールもついているとのこと。記録容量も10ギガに拡大されている。これらは普及するのだろうか。
 個人では無料で利用できる形になっている。それを会社が有料で購入するという形でgoogleは商売にしようとしている。ネット上ではどうやったら商売になるのかを考えるのが難しい。今回のこの動きももしかするとマイクロソフトを追いつめる強力な武器になるかもしれない。VISTAの動きも爆発的とは言えない。OSさえも相対化されてきているのだから、ネット上からのこの新しいソフト群は道を切り開くものになるのかもしれない。googleの動きに目が離せない。

| | コメント (0)

Google Docs and Spreadsheetsを使ってみた

 googleが昨年の10月から開始したGoogle Docs and Spreadsheetsを使ってみました。レポートがすでに幾つか出ていますが、実用に耐えうる物なのでしょうか。
ということで、実際に使って文章を書いて、このブログに貼り付けてみました。
以下がその成果(?)です。
どうでしょう。

***********************
Google Docs and Spreadsheetsを使ってみました。これでWORDがなくても文書を作ることができるとのこと。

またブログエディタでもある。

さらにPDFファイルも作ることができるとのこと。

ただ、文字化けもおこるらしい。

まだ日本語にも対応していない。

さて、どれだけこのサイトの需要があるのだろうか。
**********************

どうですか。
Word、OpenOffice、RTF、HTML、テキスト文書に対応していて、現在無料。googleのメールアドレスを持っている私はすぐに利用できました。
後、表計算もできました。
ネット上からなので機能はそこそこですが、基本的な事はできますね。

さて、このソフトはどのような位置づけになるソフトなのでしょうか。
言われているようにマイクロソフトの対抗軸としてオフィスキラーになるのでしょうか。

| | コメント (0)

2007.02.20

超小型プロジェクタの開発

 アメリカのマイクロビジョン社から、携帯電話にさえ入れられる超小型プロジェクタ、「シン・ミント(Thin Mint)」が開発されたとの発表があった。米ラスベガスで開催の展示会「CES」に出品されてデモが行われたとのこと。今日の12チャンネルの経済ニュースで実物の紹介が行われていた。レーザーを使っているとのことで、省エネで超小型。画像も美しく、焦点もピタッと合っている。ノートパソコンにこのプロジェクタを内蔵してしまうこともできるようだ。値段も量産化すれば、1,2万程度になるそうだ。本当にものすごい変化ですね。携帯からプロジェクタに出力できて喜んでいたら、プロジェクタが携帯に内蔵されてしまう時代がくるのだから。

| | コメント (0)

2007.02.19

イー・モバイルから新型高速端末発売!

 高速インターネットに参入するイー・モバイルから、シャープ製のモバイル端末、EM・ONEが発売される。3月31日が予定だそうだ。内容は、3.5世代・HSDPA規格を採用し、受信最大通信速度3.6Mbps、送信最大通信速度384kbpsの高速モバイルデータサービス『EMモバイルブロードバンド』ということで、携帯端末ではないですね。これが、パソコンにつないでもかかる費用は全く変わらない。年割りで月に4980円ということになるようだ。端末も2年契約だと39800円で手に入る。後は、サービスエリアがどの程度なのかということだろう。基本はWindowsCEマシンなので、W-ZERO3とかぶる。これはウイルコムにとって脅威のマシンになるのではないだろうか。

| | コメント (0)

2007.02.17

動画ファイルをアップします

 xfyでgoogleのレビューをやってみましまたが、今回は自分のサイトの中に動画を入れてみます。約10メガあるので、パソコン環境の人は試してみるといいと思います。内容は学過研の合宿の時、忍野八海で撮影した昆虫やや魚、鳥の動画です。WMVファイルなのでwindows環境の人だったら再生は容易だと思います。さてどうかな。「osino-musi.wmv」をダウンロード

| | コメント (2)

xfyのblogでビデオレビューが書けるように拡張!

xfyは様々な拡張機能を持っている。その一つがビデオのレビュー機能を追加するものだ。今回はgoogleのeducationの中から2006 Human and Machine Final Project Fair TEASERをレビューできるように設定してみた。googleとYouTubeから動画を検索して、それに対するレビュー画面を作ることができる内容になっている。xfyにはgoogleMapとの連携や写真、オークション、トラベル関係等、様々な拡張機能を持っている。このブログソフトはどこまで行くのだろう。
このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | コメント (0)

xfyでビデオのレビューに挑戦

 2006 Human and Machine Final Project Fair TEASER1 min 18 sec - Feb 16, 2007This is a teaser for the 2006 Human and Machine Final Project Fair video found here: http://tinyurl.com/ypxj9z

Review Date:2007-02-17 13:03
Rating:4 out of 5
Reviewer:anonymous

nice video!  I found.

See more videos at Google Video


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | コメント (0)

2007.02.15

IMSV-841を使ってみて

IMSV-841をプロジェクターにつないでみた。w-zero3のが面がvgaできれいに出力された。最小は1280x960まである。でもw-zero3では見えないほど小さくなってしまう。1024x768がほどよい大きさだ。これだったらFlashもタッチパネルからボタン操作することも簡単だ。設定に再起動画必要だがそんなに時間もかからない。実用範囲にはいってきたと思う。w-zero3の画面は調整可能なので自分の気に入った大きさで使えるのもいい。後はメモリが大きくなってcpuが早くなることを期待しよう。

| | コメント (0)

2007.02.13

xfyを入れ替え

ジャストシステムからメールが来た。先日紹介したxfyのブログ作成ソフトに問題があるとのこと。内容は、画像をはるとそれにユーザーのメールアドレスが付属してしまい、個人のメールアドレスが特定されてしまうとのことだった。xfyは、サイトに接続せず、テンプレートの形でまるでブログに接続しているような画面で作業をし、そのままアップすることができる。大変便利な道具なので、ぜひこのようなバグを無くしユーザーのための道具として完成させて欲しい。ジャストシステム、頑張って下さい。
このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | コメント (0)

蘭を外に出した

毎年、蘭を部屋の中で育てている。今年も十数鉢、部屋の中で育てていた。オンシジュウム、ジゴペタラム、クリストキサム、胡蝶蘭、それに観葉植物数鉢が元気に育っていた。しかし、あまりにも暖かい日が続き、成長が早い。観葉植物は青々と葉を茂らせ、ベンジャミンもいつもより葉が落ちない。どうも5度以下になることはなさそうだ。思い切って外に出した。西側の夕日が当たるベランダだ。毎日、様子を見ながら育てていきたいと思っている。胡蝶蘭3鉢とベンジャミンは中に入れておくことにした。さて、どうなるか。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | コメント (0)

2007.02.12

W-ZERO3と付属のIEでFlashソフトが再生!

W-ZERO3の使い勝手を向上させる作業をしていたが、その過程でFlashプレーヤーのバージョンを上げた。これを入れたら今まで動作できなかったサイトも再生できるようになった。 マクロメディア FlashPlayer for Pocket PC 今まで対応せず、保存するかと聞いてきたIEが素直にFlashを再生した。 しかもタッチパネルでボタンに対応している。 ただし、FlashMXで作成した内容までだ。Flash8で作成したのはまだ再生しない。 操作感は大変よく、SDカードでプロジェクタやテレビに写すことができるのはうれしい。 これでW-ZERO3から過去のFlashも再生できるようになった。 現場で実際に使ってみよう。

| | コメント (0)

2007.02.10

W-ZERO3をIMSV-841でテレビに出力

 今日、IMSV-841(SDカードでコンポジット、S端子、VGAに変換する)でW-ZERO3をテレビに接続してみた。思ったよりも手強くて、時間がかかった。問題はいくつかあるが、わかっていれば何とかなるので、これからの人に参考になればいいと思ってまとめておこうと思う。

 1,まず、パソコンでCDからパソコンにインストールする。
 2,アクティブシンクで同期していれば、そのままパソコンからW-ZERO3にソフトが転送され自動的にインストールされる。・・・・私はこれがうまくいかなくて手こずった。W-ZERO3のアクティブシンクはCOMポートからやっている人よりUSBから接続している人が多いと思うのだが、その場合、「設定」の「ユーティリティ」から「USB接続の設定」を通常の「モデム」から「ActiveSync」に切り替えなければならない。そうすると自動的に作業が開始される。
 3,ソフトがインストールされたらW-ZERO3に接続したIMSV-841を動かすために、https://secure.netsolhost.com/nyditot.com/Secure/Registration.asp
のサイトに行き、
Click here if you purchased a hardware product which includes a Nyditot Product
を選ぶ。そうすると付属のCDについていたプロダクトキーとe-mailアドレスを入れる画面が出る。
 4,折り返し転送されてきたメールにソフトを動作させたときに出てくるRegistration Code(レジストレーションコード)が書いてある。
 5,W-ZERO3を動作させ、SDカードを入れ、電源を差し込む。それからプログラムの中にあるVirtualDisplayのフォルダをクリックし、「VDSettings」を起動させる。
 6,そこで、configurationからコンポジットだったらIBS IMSV Video Out 640x480を選ぶ。その他プロジェクタにつなぐのだったら1280x960まで提示できる。今回はプロジェクタが手元に無かったのでテストできなかった。
 7,後は接続したテレビで見るだけ。

 映った後の動作は思ったよりは早い。まあ、若干のもたつき感はあるが、今までの状況から言ったら贅沢は言えない。
 作業中に2、3度、動作がうまくいかなかったり、インストール後に止まる事があったが、裏のカバーをはずしリセットボタンを押して回復させた。
 これでW-ZERO3からのプレゼンテーションやインターネット画面の表示が可能になった。

| | コメント (0)

2007.02.09

サーカスを聞いてきました

 サーカスの歌を聴いてきました。美しいハーモニーで知られているサーカスだけれど、今まで生で聞いたことはありませんでした。新しくなった杉並公会堂で本当に至極の時間を過ごすことができました。伴奏はピアノがほとんど。チェロは数曲、ギターも弟君が弾いた1曲だけ。その他はほとんど4人の声だけ。響き渡る伸びやかな歌声は、本人たちも気持ちよさそうでした。
 前半はサーカスの持ち歌がほとんど。Mr.サマータイムとか夜空ノムコウ、冬のソナタなど。どれもよかったですが、しっとりと歌った夜空ノムコウはスマップとは全く違った雰囲気。違う歌のようでした。後半はクラッシックをポップス風に演奏。楽しそうに歌っていました。やはり寺原のジュピターが最後の締めの曲でした。これも4人のハーモニーが心地よかったですね。アンコールはひとつぶの雨という曲。客の年齢層はほとんどが50代から60代という感じ。中には若い人たちもいたが、ほとんどは白髪の夫婦が多かったのにはびっくりしました。
 曲の間にはさまるトークも楽しく、帰りの小雨も心地よく、今日はいい一日でした。

| | コメント (0)

2007.02.08

108インチの液晶黒板

 シャープがアクオスの108インチ液晶を夏に発売するとのこと。水平1920×垂直1080画素の画素数で、画面サイズは横2386×縦1344mm、対角は2738mmとのこと。現在の黒板に比べると幅が小さい。でも、これをタッチパネルにして使うことを考えているそうだ。会社や大学、予備校、塾などで利用するのにいいのではないかという提案だ。
 今までプロジェクタなどを使っていたわけだが、実際の使い勝手としては、こちらの方が有利だろう。例えば、電源コードに足を引っかけてプロジェクタを壊すことはない。またタッチパネルだから、チョークがいらない。
 問題は値段だ。松下の103インチプラズマ、TH-103PZ600で600万円程度とのことなので、液晶の方はそれよりは安いのではないか。300万円程度という予想もある。
 またプラズマの消費電力は1450Wだそうなので、液晶の方はもう少し少ないのではないだろうか。ということで、7月あたりに出てくるこの製品を楽しみにしていよう。

| | コメント (0)

W-ZERO3とIMSV-841カードでプレゼン

 パソコンでプレゼンテーションをやるのもいいが、携帯端末を使えれば、重いパソコンを持ち運ぶ必要はなくなる。また、電源コードを引っかけてパソコンを壊すこともなくなる。(2度ある)そんな人のために、mini SDIO Video-Out Card【IMSV-841】が発売されている。私はここ半年以上、どれがいいのか調べてきたが、値段と取扱の点からこのカードがいいのではないかと思っている。最安値では2万1千円程度。高くても2万6千円程度だ。これだったら大きさも小さいし使いやすそうだ。実物を見てみたい。どこかで実演販売をしていないかな。

| | コメント (0)

2007.02.07

プレジビジョンでの発表、終わりました

 今日、プレゼンテーションが終わった。私のパワーポイントのバージョンが古く、プレジビジョンとの統合ができなかったのが残念でだったが、発表は無事に終わった。今回、私の作成した内容は2Dのパワーポイントの域を出ることはできなかった。私の思考は平面的でこのソフトの良さをまだ生かせてはいない。
 ただ、周りの人たちはそれでも表現の仕方が面白かったようだ。写真やビデオを立体で表現したり、コメントの表示を立体に貼り付けて回転させて表現することが効果的だったのだろう。しかし、今回は2次元プレゼンテーションを3次元で表現したに過ぎない。
 次回はこうしようというアイデアも湧いてきたので、もう少し根本的な所から考え直して作成してみようと思っている。「時間と奥行き」、それに「思考のプロセス」の表現などを考えながら次の仕事でもこのソフトをまた使ってやってみようかと思っている。
 なお、ソフトアドバンスのサポートも受けながら作成できたので、作業はスムーズに行えた。感謝!

| | コメント (1)

2007.02.06

明日、プレジビジョンでプレゼンテーション

 3Dプレゼンテーションツールのプレジビジョンで明日発表をします。前の二人が動画やアニメを入れたパワーポイントによるプレゼンテーションを行います。まとめで私がこのソフトで発表します。現時点で、それなりに形はできました。しかし、まだ納得がいきません。自分の発想がまだ2次元プレゼンテーションのパワーポイントや発表名人などの枠から出きれてはいません。人間本来の発想である思考の飛躍や立体的な発想を表現しきれてはいません。これからもう少し修正を加えてみようとは思っていますが、今回はとりあえずの段階で手を打つことになるかもしれません。プレゼンテーションとは何かということも含めて考える良い機会になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.04

xfyで写真の挿入

アサギマダラの写真です。場所は夏の山中湖入れてみて思うのだけれど、ココログのようにリンクにしておいた方がいいですよね突然大きな写真が出てくるのは迷惑な人もいますよね。 ***という記事を載せたのですが、xfyのブログ作成ソフトに問題があるそうで、写真を削除しました。まだ開発中ですね。待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

xfyで書き込み

ジャストシステムのxfyでブログの書き込みをしています。最初は登録されず、少し手こずりました。結果としてサーバーを登録するときに、私はココログベーシックなので、http://app.cocolog-nifty.com/t/apiをエンドポイントとして登録したらあっさり入れました。XMLで作られているxfyはこれからネット上のデータ検索ソフトとしても使えるのではないかと思い、チェックしてみました。アプリケーションも作れるというのですが。さて、これからどうなりますか。
このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wizpyの発売が楽しみだ

 リナックス環境を持ち運ぶことができる小型PC兼マルチメディアプレーヤー、Wizpyが2月23日(金)に発売される。ヨドバシなどに出てくるのは3月9日からになっているようだ。
 中にはTurbolinux FUJIが入っていて、フラッシュメモリから動作する。2ギガモデルと4ギガモデルが出る。内蔵のソフトで1ギガから1.5ギガ使うようなので、4ギガの物を購入した方が良いだろう。
 ソフトは様々なソフトがプリインストールされている。Firefox、Thunderbird、Openoffice.org、skype、DivX、音楽再生ソフト「amaroK」が、OGG、MP3、WMA、AACに対応する。FMラジオやレコーダー機能も搭載している。
 これはUSBで接続すると、どのパソコンにも自分の環境をコピーすることなくWizpy上で全てが動作する仕組みだ。面白い製品。ただ、接続先のネットワーク環境をこちらで変更するわけではなく、既に出来上がった物に乗っかる形をとるようだ。どちらにしても一台購入して試してみたい製品だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VistaのとMACのレパードそしてWizpy

 Vistaが発売された。世界的に見れば、どこも落ち着いた出発だったようで、そんなに大騒ぎすることは無かったようだ。日本でも、まだ特別版が残っているようで、爆発的な売れ行きではない。アルティメットが一番の売れ筋だというのはまだ一般の人たちが購買層として登場していないのだろう。今までのパソコンにそのまま入れて動くとは思っていないと言うことだ。新規のハードはそこそこ売れるだろうが、OSソフトはそんなに行かないのではないか。自作する人も少なくなった。私も過去に20台ぐらい作ったが、ここ3年ぐらい自作はしていない。部品を購入して組み立てても安くはないからだ。また、ゲームをやることがなくなったことも原因しているのかもしれない。やっている暇がない。
 ところで、Vistaを購入する必要はあるのだろうか。もうすぐ出るMacのレパードとの違いは何だろうか。また、これから様々なものが出てくると予想されるリナックスやネットワークOSやとはどのようようなものとなるのだろう。
 Vistaは多くの新機能をうたっている。たとえばセキュリティが固くなったことやモバイル機能が高まったこと、そして検索機能の強化やエアロなどのデスクトップ機能の改変。またオフィスの新バージョンとのコラボレーション。しかし、これらの多くの機能がすでにMacのOSxタイガーでも実現されているし、今度のレパードではさらに進む。どう考えてもOSの機能はMACの方が洗練されている。しかしそれは以前からそうなのに、Windowsが世界のOSをにぎっている現状は変わらない。わずかではあるが、シェアを下げているが。今後も劇的にOSのシェアが変化するとは思えない。それは性能がいいからではなく、世界の市場の大半をにぎっているからなのだ。グローバルスタンダードの世界はこれからも続くのだろうか。各社から発売されているVistaパソコンはXPの時代と値段はほとんど変わらない。CPUもcore2duoがメインだ。OSは巨大になり、ソフトもえらい大きくなり、メモリも多く積み、でも性能はほとんど変わらない。それって進歩と言えるのだろうか。
 こんな時に、Wizpyが2月23日に発売されることになった。これは小型PCということだが、中身はターボリナックスだ。本当に携帯とほとんど同じ大きさなのに、PCのOS部分を持ち歩くという考え方だ。OSだけでなく、ストレージもネットワーク上に置いてしまおうという考え。しかも値段が安い。4ギガで33000円程度。2ギガで約3万円。安いので、ユーザーが出てくるのではないか。これだったらつないだマシンを自分のマシンとして扱え、さらにデータを個々のマシンに残さないので、セキュリティも守れる。これは興味深い製品だ。発売されたらぜひ試してみたいと思う。もしかしたらネットワークOSと共に「pc.2.0」は有力な利用法になるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »