« 博多の櫛田神社と博多町家ふるさと館 | トップページ | 月刊アスキー第3号の面白さ »

2007.01.14

ハードディスクの速度低下を修理

 ビデオの編集をしようと思ったら、突然できなくなっていた。新しいソフトを入れた直後だったので、それが原因かと思った。またダイレクトXも新しく入れ直していたので、それが原因かとも考えた。さらにデフラグやエラーチェックをやっていなかったのでそれもやってみた。またハードディスクの中の余分なデータも移動させた。そして、ハードディスクの状況を診断するソフトで監視も行った。
 それでも、どこも悪くない。ようやく気がついたのが、ハードディスクの転送モードがPIOになっていることだった。これはウルトラDMAでなくてはならないはず。BIOSの設定が悪いのかと思ってそれも点検して、設定をもう一度やり直してみた。しかし、転送モードは変わらない。困り果てて、Vectorや窓の杜からハードウエアの点検ソフトをダウンロードしたり、ヒントになる内容を探してみた。すると、DMAKeeperというフリーソフトの説明にPIOモードになったときの直し方が出ていた。それによると、以下の様な手順になる。
1,おかしくなったプライマリIDEチャネルのドライバをデバイスマネージャーなどから開き、それを削除する。
2,再起動するようにメッセージが出るので、そのまま再起動する。
3,立ち上げると自動的に新しいドライバが設定され、DMAに戻る。
4,再び、再起動するようにメッセージが出る。
5,これで立ち上げ直すと、治っている。
 今回、ネットで様々な対策を書いている方がいた。複雑な方法が提示されているサイトもあった。しかし、こんなに簡単な方法はどこにも書いてなかった。私が気がつかなかっただけなのだろうが、それにしても適切ではない方法の方が検索サイトで上位に書いてあるとは。
 何にしても再びビデオを動かしてみるとサクサク動作し、ものすごく快適だった。ここ1ヶ月ほど課題だった事が解決した。

|

« 博多の櫛田神社と博多町家ふるさと館 | トップページ | 月刊アスキー第3号の面白さ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/13483450

この記事へのトラックバック一覧です: ハードディスクの速度低下を修理:

« 博多の櫛田神社と博多町家ふるさと館 | トップページ | 月刊アスキー第3号の面白さ »