« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の記事

2006.12.31

三国峠の由来とそこからの富士山

 三国峠は日本の様々な所にある。北海道、群馬と新潟の境、山梨の上野原市の笹尾根、山梨県山中湖、長野県と埼玉県の境、兵庫県などである。
 今回は、静岡県裾野市にある芦ノ湖スカイラインにある三国峠で富士山を見た。標高は1070m。夜景もきれいだそうだが、7時か7時半ごろまでしかやっていないので、ゆっくり見ることはできない。
 名前の由来は甲州、駿河、相模の三国を分ける三国山の北方にある峠という意味だそうだ。ここは霧の多いところでも知られている。いつ通っても見晴らしは良くなかった。今回は12月28日だったが、風が強く、今までになく空気が澄んでいて、富士山や沼津がよく見えていた。多くの車が駐車場に停車し記念写真を撮っていた。
 日本には、「みくにやま、みくにだけ、みくにがせん、みくにがだけ、さんごくやま、さんごくさん、みくにとうげ、さんごくとうげ」など、境を表す名前の場所が数多くある。両国(武蔵国と下総国)や境港(伯耆と出雲)も境目を表す名前だ。三国街道というのもあるが、三国峠につながる道をそう呼んだ。また、甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)甲斐・武蔵・信濃の国境もそれぞれの国の名前をくっつけて作られた名前だそうだ。
 それにしても、今までで一番きれいな富士山をみることができた。
 Hakoneinatori012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.30

ジゴペタラムの花と香り

 ジゴペタラムの花が2週間ぐらい前に咲いた。この花の良いところは独特な香りを持つことだ。しかもかなり強い。時には部屋に入っただけでもわかる。ずいぶん前に世田谷のオーキッドナーサリーで購入したものだが、株分けして今は二鉢になっている。毎年、花をつけていて、2ヶ月程度の間、楽しませてくれる。栽培も容易で夏場の管理も難しくない。水やりは下から流れるほどたっぷりやればそれでいい。冬場は乾いたらやる程度。霧吹きで時々はみ出した根に湿気を与える。その時も強い香りを感じる。地味な花だが、それなりに味わいがある。
 今年はまた株分けをしてみよう。Sbenjamin003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沼津の寿司屋、武田丸は豪快

 30日の沼津に行ってきた。正月の買い出しにみんな殺到していて、すごい混雑。駐車場にはとても止められない。港の前の寿司屋で食べようということで、行ったのだが、どこの店の行列もなかなかのもの。車は路上駐車しかできず、あまりのんびりもできない。港の前の武田丸に入った。中はとても混んでいて、15分程度並んだ。
 地魚の寿司と特上ちらしを食べた。2100円の地魚の寿司は13貫も入っていて、それなりに好評だった。また特上ちらしの量は半端じゃなく、3人前はあったかもしれない。
 ただ、面白いことに静岡のグルメサイト「食べログ」ではメチャクチャに評価されている。何かそれほど言わなくても良いではないかと言うほど、全て最低の評価。本当に正当な評価をしているのだろうか。ここのサイトの公平性を疑ってしまった。
 私も方々の寿司屋で食べているが、それほどひどくはない。洗練されたものではないし、多分作り置きしておいたものもあるのではないかと思うが、まあ値段からいってそんなものでしょう。回転寿司と同じと考えたら上等かな。特上ちらしはそのネタの多さ、量から言うと安いと思うな。マグロ3切れ、大トロ、赤貝、イクラ、ホタテ、多分ヒカリチヒロエビらしきもの、エビ、金目鯛3切れ、サーモン、ヅケや白身(これは不明)もあったな。ご飯は4、5人前ぐらい。それに卵。値段は3150円だった。たくさん食べたい人には良い店です。
 のんびり雰囲気を楽しみたい人はまた別の店を選べばいいですね。観光客の昼飯には調度良いですよ。
 次回に沼津に寄ったときは、高くて高級感のある店として紹介されている鮨文など、別の店でまた食べて比べてみたいと思いました。
Hakoneinatori007

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.12.28

秋葉原のメモリーは激安

 今日は先日購入したSDメモリーカードをもう一枚購入しに秋葉原に行って来た。先週は、○○-○○○○の1ギガのカードが1999円だった。そのつもりでいったら、さらに下がって1699円だった。ヨドバシだったら4680円(10%ポイント)もするのだから、安いことこの上ない。
 CFカードもかなり安く、4ギガが1万円強で売られていた。高速の120倍速でも1万4千円前後。昔のマイクロドライブの値段を切っている。今のうちに買い込んでおくかな。特にSDカードはビデオ用、CFは一眼レフデジカメ用として。○芝も安く売られている。とにかく少し前のバージョンで良いのだったら、秋葉原で買うといいですね。連写するのではなかったらこれで十分だと思います。
 あきばおーのメモリーサイトを紹介しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベンジャミンの実から発芽

 以下の記事は、その後の芽の成長につれ、間違いだとわかりました。ミカンの仲間と思われます。食べ終わったミカンの種をまいたような・・・。
 ただ、今まで一つだけ実(花)が大きく裂け、白い子房のようなものが外に飛び出したことがあります。これはいったい何だったんだろうと思っています。この記事は自分への戒めとしてあえて残しておきます。

Sbenjamin001
 ベンジャミンに実がなることはあまり知られてはいない。さらにその実から発芽することはないと書いてある。その理由はイチジク属の植物であるベンジャミンの実は中に花が咲き、実がなるのだが、その花粉を運ぶイチジクコバチが日本にはいないからだと書いてある。
 ところが、昨年ベランダになった実を親のベンジャミンの根元に蒔いておいたら、夏に発芽した。それも6つも。
今年になっても順調に育ち、4cm程度の大きさになった。ただ、蒔いた日とか、その時の様子とかを記録していなかったので、きちんとしたデータとして出せない。私の記憶だと確か秋に実がなってそれを屋外で周りの鉢に蒔いたと思う。他の鉢に蒔いたものは発芽しなかった。ベンジャミンの親株の下に蒔いた種からだけ発芽したようだ。
 今年は、12月の末に実が大きくなってきた。これは前回より遅い。ということは、昆虫やムシはいない。これだと実はつかないのではないか。でも、今年も試してみようと思っている。ある程度、数を減らして、熟したヤツを蒔いてみよう。
 ところで、このベンジャミンは私が育て初めてから16年になる。購入したときから1m以上あった3本仕立てのものだから、多分樹齢は25年から30年程度だと思う。最近は鉢の大きさが限界に近づいている。毎年植え替えてはいるが、結構厳しい。挿し木で何本か増やしているが、この実から出来たと思われる赤ちゃんベンジャミンは全く育ち方が違う。とてつもなく遅い。
 皆さんの中で、ベンジャミンの実から発芽した人はいませんか。もし、発芽する例が他にもあるとしたら、日本にイチジクコバチがはいってきているのでしょうか。それとも・・・。Image000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.27

FlashLiteで図形の正誤判定

 脳の鍛錬のサイトで数字の記憶ソフトに続き、図形の記憶ソフトを作成した。数字と違って、図形の入力や判定は難しい。表示方法も工夫が必要だ。問題の提示だってそれなりに考えなくてはならない。今日の作成内容は以下のものになる。
1,携帯やキーボードからの6桁入力のアルゴリズム(わり算の答や余りを利用して何桁目を入力しているのか判定する)
2,それぞれの携帯の時間を取得し、それを利用して開始と終了の時間の表示(パソコンでは表示できない)
3,図形の問題表示(変数に図形を代入し、ランダム関数で問題表示)
4,携帯やパソコンの数字キーを図形に変換するアルゴリズム(「1」が一桁目に押されたときは☆、「2」が二桁目に押されたときは△というように変数に代入していく)
5,図形の正誤判定のアルゴリズム(問題とキーから入力された解答の答が全て一致しているか比較・・・eqを使用)
 このようなプログラムを作成していくことは、大変面白いが、必ずバグがあるので、確認のための時間が必要になる。今日のように半日空くとソフトが完成しやすい。まだ、幾つかの課題が残っている。冬休み中に考えてみよう。今回の記憶型ソフトはかなり難しい。私の友人たちと確認したが、5桁までできた人は10人中、一人だけだった。6桁は多分、できないのではないかな。挑戦してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.25

携帯FLASHでの数字入力アルゴリズム

 FlashLiteでのソフト作りは難しいような簡単なような。複雑な命令はないので、基本的な方法で切り抜けるしかない。アイディアが必要。今回は携帯の数字キーから4桁、5桁の数字を入力できるようにした。それは一つのモジュールになっていて、どのソフトにも一つの部品を運べば有効になる。次回からのソフト開発で、キーからの数字入力は時間がかからない。モジュールの組合せでソフトを開発できる。
 今回のアルゴリズムは、次の用に考えてみた。
1,一つのサイクルの中で、変数に1を足していく。
2,数字キーで一つ押されたとき、変数に記憶する。
3,二つめが押されたとき、次の変数に前の変数を受け渡し、10倍する。
4,同時に二つめに押された変数を足す。
5,この繰り返しで4桁、あるいは5桁を記録する。
6,カウントしていた変数を0にする。
 今回は、1回目なのか、2回目なのか、を判断するときに、わり算を使った。3桁の時は、あまりの大きさで判断したが、4桁、5桁は割り切れるのでただのわり算でカウントしていた数字を割って、その大きさで1桁目なのか2桁目なのかを判断した。
 これによって、1桁から5桁までの携帯キーからの入力を部品一つをドラッグするだけで、コントロールできるようになった。
 FLASHは部品を再利用できるのがとても便利。
http://homepage3.nifty.com/mvp/
試してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.24

脳の鍛錬・数字瞬間記憶ソフトを追加!

 今日は、クリスマス!でも半日以上、Flashで携帯ソフトを作成していた。クリスマスの夜景を撮影しておきたかったな。ところで、今日は少し違った形のソフトを作成しようと思い、数字の瞬間記憶ソフトというのを作ってみた。
 一瞬出てくる数字を見てそれを記憶。違うページに答を入力して正誤判定という内容。今回は3桁を作ってみた。それなりに難しい。まあ、集中していれば間違えることはないと思うが。これから、桁数を大きくしていこうかな。
http://homepage3.nifty.com/mvp/sub2.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.23

脳の鍛錬・携帯用FLASH問題新作

 携帯用Flash問題の新作を追加した。今回は、前の画数計算の改良版と追加だ。3つの漢字が出て、その画数の合計を携帯やパソコンのキーから入力し、正誤判定するという形。前のバージョンだと間違えた場合、どこで間違えたのかわからなかった。そこで、正誤判定の時に、それぞれの漢字の画数を下に表示する形にした。これだと何度か試している内に正しい画数を学習していけると思う。
 また、簡単な計算でできるバージョンだけだとつまらないので、画数の多いバージョンを作ってみた。これは暗算だけでも大変。結構頭をつかいますね。どうぞ試してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.20

SDメモリーカードが1999円!

 今日、病院の帰りに秋葉原に寄ってきた。いつも行くZOAとか秋月電子、俺コンなどをのぞきながら、「あきばおー」に寄った。普通、この店ではあまり買わないのだが、今日は、あまりにもSDカードが安かったので立ち止まってしまった。ケースは印刷もほとんどない白い箱。店員に、「これはどこのメーカー?」と聞くと、「誰でも知っているメーカー、でもどこかは言えない」とのこと。1ギガが1999円ということなので、買ってみた。開けてみると中身はIO-DATA。本物ならお得。なぜこんなに安いのだろう。チェックをしていない品物なのかな。帰ってから、カメラに入れて動作確認。無事に動いた。価格コムでは最安値の店で3845円。ノーブランドのカードは1500円ぐらいから出回っているから、これくらいは当たり前なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.16

脳の鍛錬に新ソフト追加!

 脳の鍛錬サイトに新しいソフトを追加した。私は、一定期間、間が空くとソフトを作りたくなる。半年ぶりぐらいにソフトを考えてみた。今回は、画数計算という新しいジャンルを考えてみた。これは国語と算数のコラボレーション。携帯でその答を簡単に入力して確認することができる。また、問題と答を決定ボタン一つで兼用する形になっている。なるべく簡易に操作できるようにしている。ここらへんが携帯ソフトの作成の面白さだろう。携帯から試しにやってみて下さい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パスカルの三角形は面白い

 数学を少しやった人は知っていると思うが、「場合の数」の勉強や小学校受験でこのパスカルの三角形(資料1)はよく出てくる。ただ、今回、幻冬舎文庫の吉田武著の「初めまして数学」という文庫本を読んで、改めてその凄さを知った。簡単な足し算を積み重ねているだけなのに、この三角形に含まれている多くの約束はとても美しい。
 今回は、この三角形を偶数奇数で塗り分けていく作業をやってみた。わずか22段なので、全貌が見えているわけではないのだが、それでも出来上がった模様はきれいな物だ。さらに3で割った場合にできる余り0,余り1、余り2の3つの場合にそれぞれの場所を3色で塗り分ける作業もやってみた。フラクタル図形ということになる。
 これはまるでクリスマスツリーの様な模様になり、この季節に適した形になった。数列の面白さは、そこに隠れている約束を見抜く楽しさ、そしてその規則性にある美しさにあるように思う。ここからつながるフラクタル関数の事も少し調べてみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

ワンセグチューナー、「ちょいテレ」はいいぞ!

 今日(12月9日)、ヨドバシでBUFFALOのUSB型ワンセグチューナー・「ちょいテレ・DH-ONE/U2」が売られていた。値段は10800円。同時にロジテックのUSB型・「LDT-1S100U」、カード型・エスケイネットの「MonsterTV 1D」も同じラックに山積みされていた。前の週には一つもなかったものだ。少しずつ入ってはいるようなのだが、数は少なかった。今日も見る限りそんなにはなさそうだ。
 私が店員さんとそれぞれの特徴について話している内に、見る間に箱が減っていた。レジに並んだら、私の前もその前も、みんな「ちょいテレ」を手に持っていた。最近のアスキーでも「ちょいテレ」の評価が結構高い。現在、バッファローのホームページでも品薄のお詫びが出ている。貴重品だ。
 さて、自宅でノートパソコンに入れてみた。まず、CDからドライバとソフトのインストール、これで動作可能になる。附属の金属アンテナでは、日本テレビの映像が出ない。(杉並)附属の延長アンテナを接続するときれいに画像が出てきた。操作は簡単。画像データの大きさは1分間で3メガ程度。解像度は320×180。全画面にするとその荒さが目立ってしまう。
 ソフトの操作性は感覚的でわかりやすいが、画面の大きさの変更の仕方とソフトの終了の仕方がわかりにくかった。録画はWINDOWSライクで簡単。電子番組表も見やすく、番組の内容も説明付き。ソフトの拡張子は「TS」。これはmpeg2の変形みたいなもののようだが、暗号化されているので、コピーもムーブもできない。再生は、このワンセグチューナーが入っていないとできない。
 結論として、何か仕事をしながらながらでニュースや音楽を聞くという感じで使うには絶好。スポーツもいいですね。私のようなながら族には必要な道具でしたね。お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.12.07

ノートのメモリを1ギガに変更

 私のノートは長らく256メガのメモリの2本差しだった。Flashやフォトショップエレメントの動作があまりにも遅かったので、ついに我慢ができず、512メガを2本買うことにした。そこで、いつも購入しているヨドバシを調べてみた。 アイオーデータのSD333-512が11800円で売られていた。定価12000円なのに、ほとんど安くなっていない。このメモリの下落著しい時期だというのに案外高い。10%のポイントはつくが、それを引いても10600円程度。
 そこで、価格コムで調べてみたら、最安値で6980円。楽天で7560円。2本だと15120円。ただし消費税等で16065円になる。ヨドバシの2本で23600円、ポイントを引いたとしても21200円。5000円も違う。これでヨドバシはやっていけるのだろうか。
 店舗を持たない流通の方法はネットを使うという前提に立てば、仕事として成立するものなのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.03

携帯用Flashの参考書が出ました

携帯用のFlashサイト作成のための資料、「Flash for Mobile」が出ました。この本はFlashLite2.0に対応した内容となっています。携帯端末用Flashコンテンツの開発には、この本が適しています。携帯での小物作成のヒントがいくつかのっています。これから読んでいきますが、どれだけ利用できるかな。出版は九天社、定価は3200円です。内容は、モバイルコンテンツの開発、そのための基礎的な方法、関連資料です。使える資料が2冊しかない現在、この本は貴重な資料ですね。細かい評価はこれからのせていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プレジビジョン購入しました

 3Dプレゼンテーションツールのプレビジョンを購入した。ヨドバシで25800円だった。私のマシンは少し古いので動くのが不安だったので、DirectXとNet32をマイクロソフトから入れ直した。CPUも条件であるペンティアムMの1.6GHzより下なので、少し不安だった。さて、これからインストールに入る。どうなるかな。
 インストールが終了した。シリアルキーの入力を行った。アクティべーションが行われ、あと2回という表示が出た。私のマシンは古い。重ねて言うけれど・・・。貴重な一回を使ってしまった感じ。
 早速動かしてみた。Direct3Dのモードにして動かしてみた。結構良い感じで動く。私のマシンでも。スライドショーにしてみたが、問題ない。行けそうですね。これからもう少しさわってみてまた様子を報告しますね。
 ところで、先日ヨドバシでプレゼンテーションをやっていた”おじさん”は社長さんだった。コメントを書き込んで詳しく説明してくださった。ありがとうございます。夢があっていいなと思いました。頑張って欲しいな。
 今日はヨドバシで菅原さん(社長さん・・・)と会えるかと思っていたのだが、何かあったらしく、店頭にこられなかったようだ。直接聞きたいこともあったのだが。次回のプレゼンテーションはよろしく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.12.02

e-l倶楽部というWEB教材作成ツール

 このe-l倶楽部というソフト、なかなかのものだ。WEB上で様々な問題を様々な形で出したり、答えたりする場合に使える大きなお皿のようなものだ。VBで作成してあるが、一部、JAVAも使っている。XMLで書かれている部分もある。問題や答の部分は、ワープロでも簡単に書き換えられる。さらに、無料の素材集もついている。
 開発は荒さんと前田さん。以前から様々なソフトを開発している人たちですから、もう気の配り方が尋常ではない。この努力は並大抵ではない。何も教育系だけでなく、WEB上で簡単な製品の紹介などにも使えるのではないかな。無料でダウンロードできます。皆さん、試しに使ってみたらどうですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »