« 脳の鍛錬・数字瞬間記憶ソフトを追加! | トップページ | FlashLiteで図形の正誤判定 »

2006.12.25

携帯FLASHでの数字入力アルゴリズム

 FlashLiteでのソフト作りは難しいような簡単なような。複雑な命令はないので、基本的な方法で切り抜けるしかない。アイディアが必要。今回は携帯の数字キーから4桁、5桁の数字を入力できるようにした。それは一つのモジュールになっていて、どのソフトにも一つの部品を運べば有効になる。次回からのソフト開発で、キーからの数字入力は時間がかからない。モジュールの組合せでソフトを開発できる。
 今回のアルゴリズムは、次の用に考えてみた。
1,一つのサイクルの中で、変数に1を足していく。
2,数字キーで一つ押されたとき、変数に記憶する。
3,二つめが押されたとき、次の変数に前の変数を受け渡し、10倍する。
4,同時に二つめに押された変数を足す。
5,この繰り返しで4桁、あるいは5桁を記録する。
6,カウントしていた変数を0にする。
 今回は、1回目なのか、2回目なのか、を判断するときに、わり算を使った。3桁の時は、あまりの大きさで判断したが、4桁、5桁は割り切れるのでただのわり算でカウントしていた数字を割って、その大きさで1桁目なのか2桁目なのかを判断した。
 これによって、1桁から5桁までの携帯キーからの入力を部品一つをドラッグするだけで、コントロールできるようになった。
 FLASHは部品を再利用できるのがとても便利。
http://homepage3.nifty.com/mvp/
試してみて下さい。

|

« 脳の鍛錬・数字瞬間記憶ソフトを追加! | トップページ | FlashLiteで図形の正誤判定 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/13201928

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯FLASHでの数字入力アルゴリズム:

« 脳の鍛錬・数字瞬間記憶ソフトを追加! | トップページ | FlashLiteで図形の正誤判定 »