« 胡蝶蘭の花 | トップページ | 道ばた探索・オオバコ »

2006.05.25

写真について

 私のデジカメ人生の最初はカシオのQV10からだ。最初は25万画素だって素晴らしく見えたものだ。なによりその小ささに驚いた。現在と比べるとそれはたいしたことはないが。その後QV30を経て、オリンパスに移りその美しい画質を楽しんだ。オーストラリアに持っていくために出たばかりのOLIMPAS C-2000を買って出かけました。ノートパソコンも同時に持っていき、メディアの内容を毎日パソコンに吸い取っていたのが懐かしい。メディアは確か32メガが2枚程度だったのではないかな。そこからいろいろ調べて、MINOLTA DIMAGE7iにしました。これは私は今でも名機だと思っています。画質は今ひとつなのですが、広角側が広く写真として撮りやすい。また全ての設定がマニュアルチックなので、やろうと思えば一眼レフのように扱えます。
 最近はCANON Kiss デジタル N+タムロンAF18-200Fを使っています。もう800万画素ですし、操作面で文句はない。遊ぼうと思えば遊べるし・・・。レンズはタムロンの90ミリマクロとF1.8の50ミリレンズを持っています。これらは場合によって使い分けています。普段は18-200がついています。カワセミもこのセットで撮りました。先日、地元のマンションの宣伝にこの中の写真が使われました。でも今ひとつできがよくありません。もう一度撮りたいと思っているのですが、最近はあまり見かけなくなってしまいました。また撮れたらのせますね.

|

« 胡蝶蘭の花 | トップページ | 道ばた探索・オオバコ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/10228859

この記事へのトラックバック一覧です: 写真について:

« 胡蝶蘭の花 | トップページ | 道ばた探索・オオバコ »