« FlashLite2について | トップページ | FlashLiteで国旗と地図記号の問題を作成 »

2006.04.24

FlashLite2の画像の扱い

 FlashLiteで画像を扱う時は、できるだけデータを小さくしなければならない。PNG、JPEG、GIF等のビットマップデータしかWEB上ではあつかえないので、これらの形式の中でできるだけ小さくしていく。JPEGは圧縮をかけすぎるとモヤがかかったようになってしまう。劣化が激しい。圧縮しないとPNGやGIFと比べると数倍おおきくなってしまう。携帯上で考えると致命的で、ちょっとこれは使えない。
 PNGで圧縮するとフルカラーにも対応しているにもかかわらず、256色のGIFと同程度まで小さくすることができる。また透明(アルファチャンネル)を持っている。また可逆圧縮であるし、圧縮にともなう劣化もない。
 GIFも多くのソフトでサポートしていて、便利でいいのだが、特許が切れた今でも何となく気持ちが悪い。
 ということで、PNGを使ってソフトを作るのがいいと思う。
 今回は、「脳の鍛錬」の中に、国旗と国名を示すページを作った。まだいろいろ改造しなければならなく、テスト中だが、PNGの絵は十分機能している。

|

« FlashLite2について | トップページ | FlashLiteで国旗と地図記号の問題を作成 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/9752614

この記事へのトラックバック一覧です: FlashLite2の画像の扱い:

« FlashLite2について | トップページ | FlashLiteで国旗と地図記号の問題を作成 »