« 2004年5月 | トップページ | 2005年3月 »

2004年9月の記事

2004.09.18

野球ファンもストをしよう!

 今日と、明日、野球のストが決まった。選手たちの深刻な顔と他人の様な物言いをする球団代表と言われる人たちの顔とは、まさしく対照的だった。ジャイアンツの渡辺オーナーの「たかが選手ごときが!」という発言はみんなが上に立つ者の本音を聞いたという意味で画期的だ。利口な経営者は記者の前であんなバカな事は言わない。いかにも選手やファンのことを大切にするかのごとく装いながら、自らの利益を追求する。彼らにとって、使用人は自らの利益を実現するための道具に過ぎない。
 この状況は野球だけではない。一般の会社、公務員、フリーターと言われる安価に使われる労働者、働くもの全ては、一部の権力を握る経営者の道具に過ぎない。本当に我々普通の人間がどのように見られているのか思い知らせてくれた。
 それに対し我々は何ができるんだろうか。すでにストライキをする組合はほとんど日本においては無くなった。労働者は自ら戦う力も方法も失い、組合の組織率も低下の一途だ。経営側に言われるがまま。アメリカ的な一部の勝者、敗者の二者択一的な単純な世界観に基づいた国家運営に移行している。その中で、ストをしようと言うのだ。
 経営者側はストをやらせようとしたんだろう。選手がファンを無視しているというイメージを持たせて悪者扱いをしようというのだ。今日の読売新聞の社説にその意志が明確に見えている。
 「ファン裏切る億万長者のスト」というタイトル。
ストに追い込んだ自分を振り返ることなく、全て一方の責任として押しつけている。これが今の日本を悪くしている大きな原因ではないか。他罰的な発想と態度、これがいつまでたっても変化しないことが世の中を悪くしているのではないか。読売の責任はないのか。人を責める前になぜ自分の問題を問わないのか。選手の年俸を上げたのはだれか。裏金まで払って大学選手を取ろうとしたのはだれか。他のチームの主力選手に高額の給料を払って集めたのはだれか。ドラフト制度を形骸化させたのは誰か。全て読売ではないか。なぜ、自己批判しないのだ。
 本当にひどいものだ。メディアを握っているナベツネは社員に自分の気に入ることを言わせることができるのだ。そんな新聞は信用するな。読売新聞はナベツネの操り人形なのだ。真実を報道するわけがない。良心があるんだたらあのナベツネにおもねった社説が書けるわけがない。読売には報道する者の尊厳と良心はないのか。読売新聞不買運動をしよう。あのしつこい勧誘を明確に断ろう。ナベツネが支配する読売に思い知らせよう。
 本当の野球ファンだったら、自分たちも行動しよう。ボイコットをしよう!選手だけにストをさせるのではなく、ファンが球場に行くのをやめよう。東京ドームを空にしよう!テレビの読売巨人軍の試合は見ないことにしよう。思い上がった経営者に基盤は何なのか知らしめよう。
 汗を流して働く者、普通の人間をバカにした「たかが雇われ経営者」たちに、ささやかな者たちから反撃の一歩を踏み出そうではないか。ファンは最後まで古田を見捨てるな。彼の涙を無駄にするな。
 これは野球界の最後のチャンス。あの球団経営者たちは本当にそれがわかっているのか。勝ち誇った顔をして賠償請求をすると嫌みな笑いを浮かべながら発言する経営者たちよ。本当に追い込まれているのは君たちなんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年5月 | トップページ | 2005年3月 »