« 2004年3月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年5月の記事

2004.05.23

レインボーロリキート

S210615.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

騎馬戦の起こり

 運動会のシーズンですね。私のところは騎馬戦を今年から復活させました。野蛮とか戦争を思い出すという意見もありますが、騎馬戦はどこから始まったのでしょうか。
 調べてみましたら、結構起源は意外なものでした。
実は自由民権運動がその起こりだったのです。また、棒倒しも同様の起源を持っていました。
「圧政棒倒し」「政権争奪騎馬戦」という内容で、政府の批判を運動会の形で公にやったのでした。
政府が広めた運動会の形を利用して、政府の批判をする当時の志士たちは、なかなかしたたかですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.05.22

ペリカン(オーストラリア)

S200470.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学過研夏合宿について

学過研の夏の合宿について

定例となっています夏の合宿を以下の予定で行います。
今年はぜひ関西の方々もご参加下さいね。

日時 8月6,7,8日
場所 聖徳大山中湖荘 予約名「学習過程研究会 高橋」 担当 青木さん
   電話0555-62-3111
部屋 12名 4部屋で予約しました。
   また、6,7日は研修室をおさえました。8日はラウンジになります。

出欠について早めにご連絡下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

学習過程研究会第223回定例会

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       学過研だより  第22号

                 2004.5.21
                 by 学習過程研究会

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●学習過程研究会とは・・・
学習過程研究会(学過研)は小、中、高、大学の教員たちの集団です。
プログラム言語、簡易言語でのソフト開発(フラッシュなどもむくむ)、社会科や理科の資料づくり、アナログデータのデジタル化などを行っています。
毎月一回定例会を開き、その成果の発表、教育現場での実践活動の様子の発表などを行っています。
なおこの会は松下視聴覚教育研究財団の協力を得て運営されています。
松下視聴覚教育研究財団
http://www.mef.or.jp

●ブレインネットまなびや
学習過程研究会のメンバーが中心となって、インターネット上に仮想の学校を開いています。すぐに教室で使える教材もあります。ぜひご覧ください。

ブレインネットまなびや
http://www.mef.or.jp/bnm/
(このURLで最新の「まなびや」に入れるようになりました)

●定例会について
学習過程研究会は毎月一回(通常は第4金曜日夜)に定例会を開き、上記のような活動を行っています。
会場は都内のメンバーの学校や松下視聴覚教育研究財団(虎ノ門)です。
興味がある方はお気軽にお越しください。
お問い合わせはこちら
jyusin@mef.or.jp

-----------------------------
学過研5月定例会(第223回)報告

場所 木下研究室
出席者 木下 岩下 工藤 杉山 田中 竹谷 高橋 鳥羽 富永 三田・松原(財団)
   (web参加:荒川)
1.函館へ行きました(高橋)
・函館へ学年旅行に行ったそうです。
・フィルムカメラで、五稜郭等をとりました。
・印画紙をスキャンしました。
・夜景も三脚なしで撮りました。
・つのが2本の「ほや」は、臭みが無くて美味しいそうです。
・自由市場でもいろいろみました。

・ハリストス教会の中も見てきました(中は撮影禁止です)。
・かにを買うならダイエーだそうです?

2.プロジェクタでの実践(杉山先生)

・松下のプロジェクターを使って、高校で発表をしました。
・5分くらい、電源を入れてからつくまでかかります。
・JPEGのビュアーを使ってやってみました。
・デジカメを動画撮影して、プロジェクターに直接作業するのはどうか。

・黒板にも直接映すことができる(黒板モード)。
・しかし、黒板が汚くなると・・・・。

・新聞の見出し記事を当てる教材も作成することができる。
・イカの解剖実験を仕方を説明するときに、とてもよい(ビデオ等を使って)。
・タマネギを見ることも可能である。

※ここからは、松下への要望・・・・

○ビデオ信号をプロジェクターに飛ばすことができるといいなあ。
→おしべ等の細かいところをビデオで拡大して映したいため
→アングル変えられるとよいなあ。

・ビデオ信号を飛ばすものは、あったような気が・・・・。
(ゲーム等で・・・)
・コードがあるのがネックかな・・・・。

3.新プロジェクターの発表(財団)
○今回のものは、小型化され、2.2kgで価格が約40万円(税抜き)
・ワイヤレスで接続している。800.11bです。
・マルチでだれからもアクセスすることができる。(4台まで)
・4分割して同時に映すこともできる。
・パソコンをもちながら指導もできる。
・5秒で絵を映すことができる。
・ボタンが少なく楽
・内蔵コンデンサーにより、電源プラグをすぐ抜いてもOKである。
・省電力設定で、3000時間に寿命が伸びる。
・プロジェクターサポートセンターで即対応。

○ラインアップを展開
・以前に紹介した、2600ルーメンのものと、今回紹介したものとで、展開していく。

○質疑応答
・ランプの値段は、いくらでしょうか。
→4万円ぐらいです。
「とって」があった方がよいかも。
→ショルダーバックでもよいかも。
・動画はどのように見えるのか。
・DVDは、駒落ちしてしまう可能性が高い。
・レッツノートでは、ソフトが標準添付。

4.小学校1年生・2年生のCD-ROM化(鳥羽)

・2年間でいろいろ撮った写真をCDに焼きました。
・ひらがなの名前もスキャナで落としました。
・学芸会のビデオもWMV化しました。

5.学過研2004年紀要について(工藤)

※今年度の紀要は、以下の通りにしたいと思います。
---------------------------
○はじめに

1.ビデオ編集ソフト
 LET'S EDIT ・・・・坂井先生
 Video Studio ・・・・ 鳥羽先生
 ムービーメーカー ・・・・ 岩下先生
 Movie Shaker ・・・・ 工藤

2.今年度の実践
・是非、みなさん執筆してください。お願い致します。

3.定例会記録

○締め切りについて

5月15日(土)までとします。
→少なくともタイトルはお知らせください。

○書式について
40字×42行、余白上下30㎜、左右20㎜
タイトル20P(MSPゴシック)
サブタイトル12P(MSP明朝)
本文2段組(MSP明朝)
※但し、ビデオ編集は原則段組無しです。

よろしくお願い致します。
------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

学習過程研究会

代表顧問: 木下 昭一 (聖徳大学教授)
会  長: 坂井 岳志 (世田谷区立八幡小学校教諭)
協  力: 松下視聴覚教育研究財団

お問い合わせはこちら
jyusin@mef.or.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年9月 »